MENU

HONDA

検索

知れば知るほど楽しめる!~INDY500トリビア~

インディカーはガソリンとある物質が混ざった燃料を使用しています。ある物質とは何でしょう?

インディカーはガソリンとある物質が混ざった燃料を使用しています

エタノールです。環境問題から穀物を主原料としたエタノールを使用しています。エタノール85%、ガソリン15%の混合燃料です。

インディ500はレース距離が特に長く、レース中には何度もタイヤ交換や燃料補給を行ないますが、作業できる人数には制限があります。F1は何人で作業してもいいのですが、インディカー・シリーズでは何人まで作業していいのでしょうか?

インディでは何人まで作業していいのでしょうか

6名まで。国内のレースではスーパーフォーミュラも6名、SUPER GTは7名までと制限されています。

インディ500マシンのフロントおよびリアのウイングは、ロードコースのマシンと比べると小さなものをつけています。それはなぜでしょうか?

マシンのフロントとリアについているウイングは実はロードコースと比べると小さな物をつけていますが、それはなぜでしょう?

空気抵抗を減らし、最高速度を上げるためです。ちなみに、今シーズンこのウイングのセットが使用されるのは今回のインディ500、第9戦テキサス、第14戦ポコノの3戦です。

インディ500のマシンは、オーバルコースを早く走るために通常のサーキットを走るマシンと大きく異なる点がいくつかあります。それは何でしょう?

インディ500のマシンは、オーバルコースを早く走るために通常のサーキットを走るマシンと大きく異なる点がいくつかあります。それは何でしょう?

ブレーキが小さい:ブレーキを使うタイミングがピットストップなどに限られるため大きなブレーキが必要ない。
タイヤの径が異なる:オーバルコースでの旋回能力を上げるために、右後輪タイヤのほうが左後輪よりも直径が大きい。そのためマシンは自然に左に曲がるようになっています。

3時間以上に渡りオーバルコースを走り続けるインディ500の特徴のひとつが走行距離の長さです。では、決勝では全部で何km走行するでしょうか?

約800キロメートル(804.672キロメートル)。インディ500の“500”は、決勝の走行距離500マイルに由来しています。

約800キロメートル(804.672キロメートル)。インディ500の“500”は、決勝の走行距離500マイルに由来しています。

ニュース