MENU

HONDA

検索

#30日本佐藤琢磨

Takuma Sato

チーム : Rahal Letterman Lanigan Racing

生年月日 : 1977年1月28日

出身地 : 日本(東京都)

身長・体重 : 164㎝・59kg

1977年生まれ。東京都出身。少年時代に鈴鹿サーキットでF1世界選手権を観戦し、F1ドライバーになる夢を抱くと、大学に進学してから鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)を受講しました。その後、2000年にはヨーロッパへと渡り、イギリスF3への出場を開始。02年に念願かなって、Jordan Hondaのドライバーとして、F1世界選手権へのデビューを果たしました。テストドライバーとしての一年を挟み、08年の途中まで、B・A・R Honda、SUPER AGURI F1 TEAMでF1グランプリを戦い続けた琢磨は、04年のアメリカGPで日本人ドライバーとして歴代最高タイとなる、3位という成績を残しました。

インディカーへの参戦は2010年にスタートし、11年にはオーバルコースのアイオワ・スピードウェイで日本人初となるポールポジション(PP)を獲得。エドモントン・シティセンター・エアポートの特設ロードコースで2度目のPPを手にしました。12年シーズンには、ブラジル・サンパウロのストリートコースで初表彰台となる3位フィニッシュ。エドモントンではキャリアベストとなる2位フィニッシュを果たしました。インディ500では優勝争いを演じ、そこでみせたファイティングスピリットは、アメリカの多くの人を魅了しました。そして13年、琢磨はA.J. Foyt Racingに移籍。チームとしても日本人ドライバーとしても初めて、インディカーでの優勝を、ビッグレースのロングビーチで果たしました。14年シーズンも同チームからエントリーし、セント・ピーターズバーグとデトロイトのレース2でPPを獲得しました。15年シーズンは、チームメートを迎えてチームの体制強化が実現。第8戦では13年以来となる表彰台を獲得するなど、総合14位となります。16年も引き続きA.J. Foyt Racingから参戦し、最高位は4位。総合では17位でシーズンを終えています。

Andretti Autosportからインディカーに参戦した17年は、し烈なバトルの末にインディ500を日本人として初めて制覇。18年は、Rahal Letterman Lanigan Racingから参戦し、インディ500の2連覇とシリーズチャンピオンの座を目指します。

主な戦績
1998 全日本F3選手権 参戦
1999 イギリス・フォーミュラ・オペル 2位
イギリスF3選手権 ナショナルクラス 3勝
2000 イギリスF3選手権 3位
2001 イギリスF3選手権 チャンピオン
F1イギリスGPサポートF3レース 優勝
F1世界選手権B・A・R Honda テストドライバー
2002 F1世界選手権 15位
2003 F1世界選手権B・A・R Honda サードドライバー
F1世界選手権 最終戦 6位
2004 F1世界選手権 8位
2005 F1世界選手権 23位
2006 F1世界選手権 23位
2007 F1世界選手権 17位
2008 F1世界選手権 21位
2010 インディカー・シリーズ 21位
2011 インディカー・シリーズ 13位
2012 インディカー・シリーズ 14位
2013 インディカー・シリーズ 17位
2014 インディカー・シリーズ 18位
2015 インディカー・シリーズ 14位
2016 インディカー・シリーズ 17位
2017 インディカー・シリーズ 8位

ニュース