MENU

HONDA

検索

モータースポーツ > インディカー・シリーズ  > チーム&選手紹介 > デルコイン・レーシングングツ

インディカー・シリーズ

デルコイン・レーシングDale Coyne RacingDRIVERS

1991年までドライバーとしてインディカー・シリーズで戦っていたデイル・コインは、現役引退後もチームオーナーとして参戦。チーム設立から24年目の2009年にチームオーナーとしての優勝をワトキンス・グレン・インターナショナルで達成しました。それから3年後の12年シーズンには、テキサス・モーター・スピードウェイでし烈なバトルを制してチームとしての2勝目をマーク。インディカーのチームとしては珍しくシカゴ郊外にワークショップを構えるDale Coyne Racingは、小規模ながら情熱を持ってインディカー参戦を続けています。彼らは多くの若手ドライバーにチャンスを与えているチームでもあります。

ジャスティン・ウィルソン

ジャスティン・ウィルソン#19
Justin Wilson

1978年生まれ。イギリス出身。インディカーで通算7勝。母国イギリスのフォーミュラカーシリーズで着々とステップアップし、2001年に出場した国際F3000でシリーズチャンピオンの栄冠をつかみました。
03年にはF1世界選手権への参戦をスタート。16レースを戦いました。
アメリカに渡ってインディカーに挑戦を始めたのは04年でした。翌05年には早くも2勝を挙げ、06年、07年、08年、09年にさらに1勝ずつをマークしました。最初の6勝はロードコースで挙げたものでしたが、12年にはテキサスの1.5マイル・オーバルで激しい戦いの末に、念願のオーバル初優勝を勝ち取りました。

PHOTO GALLERYへ
カルロス・ウエルタス

カルロス・ウエルタス
Carlos Huertas

1991年生まれ。コロンビア出身。中南米のレーシングカートで活躍したあと、フォーミュラカーへとステップアップし、ブラジルを中心に南米で活動をしていたウエルタスは、2007年に一念発起してヨーロッパに渡り、フォーミュラカーレースの頂点を目指しました。
まずはイギリスでフォーミュラBMWに参戦し、年間ランキング13位。翌2008年には前年と同じチームからフォーミュラBMWヨーロッパ・シリーズへと出場し、ランキング9位という成績を残しました。

続く2009年には激戦の英国F3へとチャレンジを開始。F3での3シーズン目となる2011年、1勝を挙げてシリーズランキング3位という好成績を残しました。

2012年にはフォーミュラ・ルノー3.5にステップアップし、ランキング16位。2013年も同シリーズに参戦し、シリーズ初勝利を挙げて、ランキングも14位に上昇させました。

2014年シーズンに向けては、ヨーロッパだけでなく米国での活動にも興味を示し、オフの間にインディカーのテストをパンサー・レーシングで受けました。その結果はよく、もう一度テストのチャンスを与えられたウエルタス。しかし、パンサーがシリーズへの継続参戦を取り止めたため、ウエルタスはほかのチャンスを探し、シリーズの開幕戦直前にデイル・コイン・レーシングと契約を結びました。
インディカーでの初年度、ウエルタスはロードコースとストリートコースだけで走り、オーバルレースには挑戦しない予定です。

PHOTO GALLERYへ