MENU

HONDA

検索

モータースポーツ > インディカー・シリーズ  > チーム&選手紹介 > アンドレッティ・オートスポーツ

インディカー・シリーズ

アンドレッティ・オートスポーツAndretti AutosportDRIVERS

インディカーで42勝を挙げ、1991年にチャンピオンを獲得したマイケル・アンドレッティがオーナーを務めるチームです。アンドレッティはオーナーになってからも勝利を重ねています。現チームの前身であるAndretti Green Racingがインディカーに参戦を始めて以来、11シーズンで48度もの優勝を飾り、シリーズチャンピオンに輝くこと4度(2004、05、07、2012年)、そして、インディ500でも2勝(2005、07年)を挙げています。

Hondaが03年にインディカーシリーズへ参戦を開始した際にはエンジン開発を担当。2014年シーズンは3年ぶりにHondaエンジンユーザーに復帰し、5度目のシリーズタイトルとインディ500での3勝目を目指します。Andretti Autosportは多くのマシンを走らせるマルチカー体制を敷き、集められる豊富な走行データをアドバンテージにつなげています。2014年シーズンも4台をフルシーズンエントリーさせます。

 

ライアン・ハンターレイ

ライアン・ハンターレイ#28
Ryan Hunter-Reay

1980年生まれ。アメリカ・テキサス州出身。レーシングカートとフォーミュラカーで多くの勝利とタイトル獲得を果たし、2003年にチャンプカー・ワールド・シリーズへの参戦を開始しました。
ルーキー年にしてオーストラリア、サーファーズ・パラダイスのストリートコースで初優勝。04年には歴史あるミルウォーキーの1マイルオーバルで勝利を記録しました。
インディカーシリーズには07年シーズン後半の6戦に出場。3度のトップ10フィニッシュを果たし、翌08年からフルシーズンエントリー。ワトキンス・グレン・インターナショナルのロードコースで優勝を飾りました。

09年は1シーズンに2チームから参戦する体制でしたが、2010年にAndretti Autosportのシートを獲得し、シーズン序盤のロングビーチで優勝。11年にはニュー・ハンプシャーの1マイルオーバルで優勝しました。

12年にはミルウォーキーとアイオワのショートオーバル、トロントとボルティモアのストリートコースで計4勝し、初のシリーズチャンピオンに輝きました。13年もアラバマとミルウォーキーで優勝。14年シーズンはHondaエンジンでキャリア2度目のタイトル獲得を目指します。

PHOTO GALLERYへ
マルコ・アンドレッティ

マルコ・アンドレッティ#25
Marco Andretti

1987年生まれ。アメリカ・ペンシルベニア州出身。祖父はF1とインディカーのチャンピオンで、インディ500でも優勝しているマリオ・アンドレッティ。父のマイケル・アンドレッティもインディカーでチャンピオンになっています。レーシングドライバー一家で三代目のマルコは、母国アメリカのフォーミュラカーレースで順調にステップアップし、06年にインディカードライバーになりました。デビュー年にしてインディ500では2位フィニッシュし、ロードコースのソノマ・レースウェイで初優勝。年間ランキングでは7位につけ、インディ500とシリーズの両方でルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

インディカーでの2勝目は2012年シーズンに、アイオワのオーバルコースで達成。2013年は高い確実性を保ってシーズンを戦い抜き、年間ランキング5位に食い込みました。2014年はシリーズチャンピオンを目標に戦います。

PHOTO GALLERYへ
ジェームズ・ヒンチクリフ

ジェームズ・ヒンチクリフ#27
James Hinchcliffe

1986年生まれ。カナダ・オンタリオ州出身。少年時代からレーシングカートで数々のタイトルを獲得し、03年にF2000への参戦を開始。初年度にして5勝を挙げ、シリーズ3位となりました。04年にはフォーミュラBMW USAに進んで3勝を挙げ、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。05年にはスター・マツダ・シリーズ、06年にはフォーミュラ・アトランティックにステップアップしました。07年と08年、フォーミュラ・アトランティックで2シーズン続けて年間ランキング4位となったあと、09年にインディ・ライツへと参戦。翌10年シーズンには3勝をマークしてランキング2位となりました。

11年シーズンにインディカー・シリーズ参戦のチャンスをつかむと、デビュー年で3回のトップ5フィニッシュを達成。初戦を欠場しながらルーキー・オブ・ザ・イヤーも獲得しました。

12年にはAndretti Autosportへと移籍。2度の表彰台フィニッシュを記録し、ランキング8位となりました。そして、翌年、開幕戦セント・ピーターズバーグのストリートで念願のキャリア初優勝を飾ると、第4戦サンパウロのストリートでは最終ラップの最終コーナーでトップに立つという劇的な勝利、アイオワ・スピードウェイでオーバル初勝利と、3勝を挙げました。ランキングは前年と同じ8位でしたが、今やチャンピオン争いに加わる実力を備えています。

PHOTO GALLERYへ
カルロス・ムニョス

カルロス・ムニョス#34
Carlos Munoz

1992年生まれ。コロンビア出身。10歳でレーシングカートに乗り始め、2007年に15歳でフォーミュラカーレースにデビューしました。08年にはヨーロッパへと渡ってフォーミュラカーシリーズに参戦。09年にはF3にステップアップしました。
12年にアメリカへと戦いの舞台を移し、Andretti Autosportからインディ・ライツに参戦。2勝を挙げ、ランキング5位となりました。13年もAndretti Autosportからインディ・ライツにフル参戦。4勝をマークして年間ランキング3位となりました。
13年にはインディ500でインディカーシリーズへのデビューも果たし、デビューレース、しかもインディ500という大舞台で予選2番手、決勝2位という驚異的パフォーマンスを発揮。14年にAndretti Autosportのインディカー4台目に乗るチャンスをつかみました。

PHOTO GALLERYへ