MENU

HONDA

検索

モータースポーツ > インディカー・シリーズ  > チーム&選手紹介 > A.J. フォイト・レーシング

インディカー・シリーズ

A.J. フォイト・レーシングA.J. Foyt RacingDRIVERS

インディ500で史上最多となる4度の勝利を初めて記録したA.J.フォイトがオーナーのチームです。彼は歴代最多の67勝をインディカーで挙げているだけでなく、スポーツカーのル・マン24時間耐久レース、アメリカンストックカーのデイトナ500でも優勝しています。

フォイトは1994年をもって現役から引退しましたが、A.J. Foyt Racingは、96年にはスコット・シャープを、98年にはケニー・ブラックを、それぞれインディカー・シリーズチャンピオンの栄冠に導いています。ブラックは99年にインディ500での優勝も飾っており、フォイトはチームオーナーとしてもインディ500制覇を達成しました。

近年では2代目のラリー・フォイトがチームの指揮を執り、13年シーズンには佐藤琢磨とともに、2002年以来となる優勝を第3戦ロングビーチで飾りました。ほとんどのチームがインディアナ州インディアナポリスにワークショップを構える中、A.J. Foyt Racingは今もテキサス州ヒューストン郊外を本拠地としています。

佐藤琢磨

佐藤琢磨#14
Takuma Sato

1977年生まれ。東京都出身。少年時代に鈴鹿サーキットでF1グランプリを観戦し、F1ドライバーになろうと強い決意を抱き、大学に進学してから鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)を受講。全日本F3選手権で戦ったあとにヨーロッパへ渡り、英国F3選手権に出場。2年目の2001年にシリーズチャンピオンとなり、翌02年にJordan HondaからF1世界選手権にデビューするチャンスをつかみました。その後にはテストドライバーとしての1年を挟み、B・A・R Honda、SUPER AGURI F1 TEAMで08年の途中までF1グランプリを戦い続けました。F1でのベストリザルトは日本人ドライバーとして歴代最上位タイの3位で、04年のアメリカGPで表彰台に上りました。

2010年にインディカー・シリーズへの参戦を始めると、11年にはオーバルコースのアイオワ・スピードウェイで日本人初となるポールポジションを獲得。エドモントン・シティセンター・エアポートの特設ロードコースで2度目のポールポジションを手にしました。12年シーズンには、ブラジル・サンパウロのストリートコースで初表彰台となる3位フィニッシュを果たすと、エドモントンではキャリアベストとなる2位フィニッシュを達成。そして2013年、念願のインディカー初勝利をビッグレースの第3戦ロングビーチで飾りました。14年シーズンもA.J. Foyt Racingから出場し、さらなる勝利とチャンピオン争いを目指します。

PHOTO GALLERYへ