Special Movie
+ Interview

エネルギーを自由に持ち運べる未来へ
「Hondaの新しいバッテリー:モバイルパワーパック(MPP)」
2022.03.14

King & Prince 神宮寺 勇太 × エンジニア 岩田 和之

カーボンニュートラルに必要なのは、電気自動車だけじゃない。
そう語るのは、様々な乗り物を電動化する
「Honda Mobile Power Pack e:」をはじめ、
ライフクリエーションのエネルギー商品を統括する岩田 和之。
Hondaハートのメッセンジャー 神宮寺 勇太は、どんな未来に出会えたのか。

第1章

モバイルパワーパックで
できること

岩田
Hondaの岩田と申します。
神宮寺
神宮寺と申します!

「2050年、
全活動のCO₂排出量を実質ゼロにする。」
Hondaは、そう宣言した。

神宮寺
これは・・・なんですか!?
岩田
いろんなものに使えるバッテリー「Honda Mobile Power Pack e:(以下MPP)」です。今日ここにあるもの全て、このバッテリーが使えます。

E-AUTO リキシャ(実証実験モデル)

同じ電池で動き出す

岩田
これもMPPで。
神宮寺
これは・・・トゥクトゥクみたいなものですか?
岩田
「リキシャ」といって、インドでは非常にポピュラーなのですが、これはエンジンをMPPで動くモーターにしています。
神宮寺
へぇ〜。これさえあればいろんな乗り物が動くってことですね。

Honda Power Pod e: Prototype:
モバイルパワーパックの充電・給電器のプロトタイプ

家の中でも

神宮寺
え、発電機も!?
岩田
排出ガスが出ない発電機ってなかなかない。
こちらも同じMPPが入っているのですが、これなら家の中に置けますし、家庭用の電気としてほぼ全てに使えるんです。
神宮寺
ドライヤーを使えるって、あんまり聞いたことないですね。
岩田
まだあまりないですね。
何かあったときにはこの電池をそのままバイクとかにも使ってもらう。
神宮寺
いろいろ応用がききますね。
岩田
さらに今、公共の充電ステーションも準備しています。
そこでバッテリーを交換するだけで、充電時間ゼロで走り出すことができる。
神宮寺
すごい!将来これがもっと増えていくと…
岩田
そうですね、例えば将来コンビニとかに置かれたら、ガソリンスタンドの代わりみたいにもなります。

左:本田技術研究所 アシスタントチーフエンジニア 小山 博史
※私有地で許可を得て撮影をしています。

様々な企業とも協力していきたい

岩田
そしてこちらがコマツさん、有名な建設機械の会社のマイクロショベルなんですけど。
神宮寺
これにもMPPが入ってるんだ!本当になんでもですね。
岩田
発電機と組み合わせて作業灯とかにも使えば、その工事現場のほとんど全てがMPPで動きだす。Hondaの枠を超えて色々な人に使っていただいてこそ、カーボンニュートラルの社会が拡がっていくんです。

BENLY e:(バッテリーリサイクルの社会的責任の観点から、バッテリーの回収にご協力いただける法人様向けに販売)

第2章

ひろげる、ひろがる、
モバイルパワーパックの可能性

岩田
実は都内の郵便配達の赤いバイクの一部には、既にこの電池が入ってます。※1
神宮寺
へー!もう実際に使われているんですね。
岩田
ちょっと乗ってみますか?

神宮寺、初めての電動バイク

神宮寺
すごい!発進が滑らか!
岩田
加速が非常にいい。でも、ガソリンエンジンのオートバイのようなエンジン音や振動はないんです。
あとこの電池に脳みそみたいなものが入っているんです。
神宮寺
一個一個にですか?
岩田
はい。充電するとき、MPPにためられた情報をネットで吸い上げます。
走行距離やバッテリーの残り寿命まで全て分かる。
神宮寺
未来すぎます!(笑)

コスパが悪けりゃ広がらない

神宮寺
そもそもなぜMPP開発をされようと思ったんですか?
岩田
10 年くらい前は電池が結構なお値段で、製品それぞれで電池を買うとお客様の大きな負担になってしまう。
でも、クルマやバイクはご家庭で使っていない時間の方が長いんですよ。
だからもし、その製品を使うときだけ電池を使い回せたら便利なんじゃないか。
そう思ったのがはじまりなんです。
神宮寺
なるほど確かに!
岩田
Hondaはオートバイから歴史が始まっていますし、他にもライフクリエーションと言われる生活に密着した製品もある。
多様な製品の動力源を全て同じバッテリーにして、社会に拡げていきたいと思ったんです。

電気のバケツ?

岩田
MPPだと台風とかで停電したときも、例えばさきほどの給電器があれば、充電ステーションからお家まで電気を運ぶことができるんです。だから我々は「電気のバケツ」と言ったりします。
神宮寺
給電器で引っ張ってくると。
岩田
そうしたら、避難所に行かなくても済むかもしれない。
神宮寺
それはすごい。コンビニとかに設置することで災害時も役立つんですね。

ただ電気にすればいい?

神宮寺
EV以外にも、除雪機やショベルカーにも使えるのは初めて知りました。
岩田
だけど単に電気ならいいのではなく、その電気が再生可能エネルギーかどうかが重要です。
神宮寺
電気のつくられ方も大事なんですね。
岩田
火力発電の電気は石油を使うので、車のエンジン同様CO₂が出ます。だからカーボンニュートラルを目指すには使う電気を再生可能エネルギーにする必要がある。
神宮寺
これがもっと世の中に普及していったら、生活がもっと豊かになるってことですよね。
  • ※12019-2020年度でEV二輪車約2,200台を導入。(日本郵便)

第3章

能ある鷹は、爪を出せ

岩田
Hondaには「松明を自分の手で」という言葉があるんですね。

自分の信念を貫き通す

岩田
「能ある鷹は爪を出せ」っていう言葉も。
それは自分勝手にやれっていうことではなくて、自分の考えとか、信念を貫き通すのが重要だということ。本田宗一郎さんがずっと言ってきたことだと思ってます。
神宮寺
両方とも素敵な言葉ですね。
敷かれている道ではなくて、自分で道をつくっていけっていうことですよね。
岩田
まあこういう時代なんで割とレールを求める方もいるんだと思うんですけど、我々はレールをつくるのが仕事だと思うんで。
僕もいろんな仕事やりましたけど、ありがたいことにたくさんやりがいのある仕事に巡り合えました。

誰かを幸せにした先にあるもの

神宮寺
今日はありがとうございました。
自分もエンターテインメントの世界で生きているので、皆さんに幸せを届けるっていうのは、勝手ながら通じる部分があるなと感じましたね。
岩田
MPPが面白いのは、発電機は音がするけど、これは音がしないんです。
更には発電機で培ったきれいな波形の電気なので、ギターとつなぐと楽器からすごくいい音が出る。
例えばストリートミュージシャンなんかに、いい音源を提供できたりもするんですね。
みなさんが平時にいかに使いたくなるものにできるかもとても重要で、その上で結果的にCO₂を減らせたらって思っているんです。

ぜひ、皆さんのライブでも!
神宮寺
なるほど、それはぜひ!!

岩田 和之

本田技術研究所 先進パワーユニット・エネルギー研究所 エグゼクティブチーフエンジニア

1986年入社。エンジン設計に従事したのち、電動パワープラント研究に異動。2013年からスマートコミュニティ関連の新事業企画を担当。現在はHondaモバイルパワーパックをはじめとするライフクリエーションのエネルギー商品を統括。

神宮寺 勇太

King & Prince, Hondaハートメッセンジャー

1997年生まれ。2018年にKing & PrinceのメンバーとしてCDデビュー。大型二輪免許を持ち、メンバーの岸と機会を見つけてはツーリングに行くほどバイク好き。バイクがあればサービスエリアで食べるアイスのバニラは2倍濃厚になるという持論がある。

(新型コロナウイルス感染症対策を実施した上で取材・撮影を実施しています。)

King & Prince カーボンニュートラル篇ロングインタビュー Honda ハートのメッセンジャー、King & Prince のメンバーが、カーボンニュートラルの達成という難問に挑むHondaの取り組みを取材します。
動画では伝えきれないHondaの想いを、彼らのリアルな反応とともにお届けします。

Other Contents