MENU

HONDA

検索
HOME > Repsol Honda Team(トライアル世界選手権) > トライアル世界選手権 藤波 貴久選手 2015年もHondaワークスから参戦

ニュース

2014年6月12日(木)

トライアル世界選手権 藤波 貴久選手 2015年もHondaワークスから参戦

トライアル世界選手権 藤波 貴久選手 2015年もHondaワークスから参戦

株式会社ホンダ・レーシング(以下、HRC)は、2004年トライアル世界選手権チャンピオンの藤波 貴久選手(34歳、三重県出身)と、1年間の契約更新をしました。1996年に、Hondaのライダーとして16歳で世界選手権にデビューした藤波選手は、2004年に日本人として初で、現時点でも唯一となるトライアル世界選手権タイトルを獲得し、通算では32勝を挙げています。これまで所属してきたスペインの現地法人チームが、ワークスチームである「Repsol Honda Team」へ改編されたのに伴い、今シーズンよりワークスライダーとして参戦中の藤波選手は、来年の自身のトライアル世界選手権参戦20周年をHondaワークスチームで迎えることになります。

藤波選手は今シーズン、開幕戦のオーストラリアGPで優勝、第2戦の日本GPで3位を獲得し、現役のトライアル世界選手権ライダーとしては最多となる表彰台登壇回数150回を達成し、今もその記録を更新中です。

藤波 貴久選手のコメント
「来シーズンもRepsol Honda Teamの一員として参戦することを発表できて、とてもうれしく思います。16歳で世界選手権にデビューしてからずっと、Hondaのマシンに乗り続けてきました。20年の節目となる来シーズンもHondaのライダーとして参戦できることを誇りに思います。今回、早い時期に契約更新できたことで、今後戦い続けるためのモチベーションが大きく高まりました。また、チームのエースで良き友人でもあるトニー・ボウ選手も契約更改し、引き続き一緒に戦えることを喜んでいます。私たちは、間違いなくベストチームであると思います」

株式会社ホンダ・レーシング 取締役副社長 中本 修平のコメント
「この度、Repsol Honda Teamのライダーとして、2015年シーズンも藤波選手を迎えることができて、大変うれしく思っています。ご存じの通り、藤波選手はトライアル世界選手権に19年間フル参戦し、常にトップ争いを繰り広げている唯一の日本人ライダーです。今シーズンは膝の負傷を抱えていますが、開幕戦での優勝、そして日本GPの3位入賞など、実力と不屈の精神を兼ね備えた選手です。来シーズンも引き続き、世界中のモータースポーツファンの皆様の期待に応えられるよう、頑張っていただきます。ご声援をよろしくお願いいたします」

藤波 貴久選手の主な戦績
アウトドア・トライアル世界選手権チャンピオン 1回(2004年)
アウトドア・トライアル世界選手権総合2位 7回
アウトドア・トライアル世界選手権総合3位 5回
インドア・トライアル世界選手権総合2位 1回
全日本トライアル選手権チャンピオン 5回

ページトップへ▲