MENU

HONDA

検索
X-Trial 第3戦 オーストリア 決勝
2016/03/19

トニー・ボウが10度目のインドアタイトルに王手

Xトライアル第3戦は、オーストリアのウィーナー・ノイシュタットで開催されました。Repsol Honda Teamのエースであるトニー・ボウは、第2戦に続いて2連勝。今シーズンも残すところ1戦となったXトライアルのタイトルに王手をかけました。それは同時に、ボウの10度目となるインドアの世界タイトル獲得が、目前に迫っていることを意味します。

また、チームメートの藤波貴久は、クオリファイでジェロニ・ファハルド(ヴェルティゴ)と僅差のスコアをマーク。しかし、わずか1点差で、惜しくも5位に終わっています。

本来であれば、3月初めにフランス・パリ大会が開催される予定でしたが、パリ大会はスケジュールから外れたまま、代替大会が開催されることもなく、今シーズンは全4戦の短期決戦となっています。

チャンピオンシップにおけるボウのライバルは、開幕戦のウイナーであるアダム・ラガ(TRS)ですが、ラガは今回のファイナルでアルベルト・カベスタニー(シェルコ)に敗れ、3位となりました。これにより、第2戦終了時点では同点だった両者の差は、8ポイントに広がりました。ボウは最終戦のチャンピオンシップ決戦に、余裕を持って臨める展開となりました。

8人のライダーを4人に絞るクオリファイから、ボウは好調にセクションを走破していきました。しかし、ボウ同様に好調だったのがラガです。ボウとラガは、ともに第2セクションで2点を失ったのみで、6セクションのクオリファイを走りきりました。この場合、タイブレイクを行って順位を決定します。タイブレイクは、1つのセクションをどちらが速く走れるかの勝負。これをボウが制しました。

クオリファイはボウとラガの減点が2点、カベスタニーが3点。藤波が8点で、それ以前にトライしたライダーを圧倒しましたが、直後にトライしたファハルドが7点でクオリファイを走り終えたため、藤波は三度、ファイナル進出を逃すことになりました。あと一歩というところでの敗退となったのが、悔しいところです。

そうして迎えたファイナル。トライ順は、ファハルド、カベスタニー、ラガ、ボウの順となり、こちらも6セクションで争われました。

ファイナルにおいて、ボウはただ一人好調でした。全員が5点となった第2セクションでこそ5点を喫しましたが、それ以外は最小減点で走り抜け、合計9点は2位以下に大差をつける圧勝でした。

ボウとのタイトル争いに望みをつなげるため、ここでなんとしても2位に入っておきたかったのが、ライバルのラガでした。ラガのファイナルでのスコアは17点。ところがカベスタニーもまた、17点でした。

ここで再び、2位の座を決するためのタイブレイクが行われました。その結果、カベスタニーが2位、ラガが3位となり、ボウとRepsol Honda Teamにとって、オーストリアの夜はすばらしいものとなりました。2016年シーズンのXトライアル最終戦である、次週のマルセイユの夜も、いいものとなるに違いありません。

コメント

トニー・ボウ(優勝)
「前回に続き、本当にうれしい日となりました。今回、(アルベルト)カベスタニーは本当によく乗れていて、この勢いでは彼に負けてしまうかもしれないと思いました。それで今回は、今までになかったような、緊張感あふれるライディングをする必要があったのです。しかしそれが、今日の最善の結果をもたらしたのではないかと思います。最終戦は、やはり簡単に勝たせてもらえる戦いではないと思います。次戦が終わるまで、Xトライアルの戦いは続きます」

藤波貴久(5位)
「またしても、わずか1ポイントの差でファイナルを逃しました。僅差であるため、自分の実力がトップ4に近いところにあると思っています。ライディングは悪くなかったと思いますし、神経質になることもありませんでした。それは理解しつつも、トップ4に食い込むためのあと1点がどれほど重いか。トップ4のライダーたちと戦う自分の姿は、しっかりと見えています。来週の最終戦をきっちりと走り、その先につなげたいです」

リザルト

順位 ライダー マシン 予選 決勝
1 トニー・ボウ Honda 2 9
2 A.カベスタニー シェルコ 3 17
3 A.ラガ TRS 2 17
4 J.ファハルド ヴェルティゴ 7 23
5 藤波貴久 Honda 8  
6 エディー・カールソン Honda 17  
7 F.カドレツ ガスガス 21  
8 A.フェレール シェルコ 22  

総合順位

順位 ライダー マシン 総合ポイント
- 1 トニー・ボウ Honda 55
- 2 A.ラガ TRS 47
- 3 A.カベスタニー シェルコ 39
- 4 J.ファハルド ヴェルティゴ 27
- 5 藤波貴久 Honda 18
- 6 A.フェレール シェルコ 9
- 7 エディー・カールソン Honda 7
8 F.カドレツ ガスガス 2
9 J.ダビル ヴェルティゴ 2
10 ハイメ・ブスト Honda 1

スケジュール

    PHOTO GALLERY