MENU

HONDA

検索
X-Trial 第3戦 フランス 決勝
2015/2/6

ボウが2位に入り、ポイントランキングでトップをキープ

2015年Xトライアル世界選手権第3戦が、フランスのポーで開催されました。Repsol Honda Teamのトニー・ボウは、今大会で2位。しかし、ポイントランキングではいまだトップに立っています。

ここまで28戦負けなしだったボウは、このポーでも予選ラウンドで完ぺきな走りをみせました。アルベルト・カベスタニー(シェルコ)とジェロニ・ファハルド(ベータ)が10点、今回好調のアダム・ラガ(ガスガス)が2点となる中、ボウは5セクションすべてをクリーンで走りきりました。

ファイナルラップに進出したのは、これまで同様、ボウ、ラガ、カベスタニー、ファハルドの4選手。第1セクションは全員がクリーンし、第2セクションはカベスタニーが5点、ラガとファハルドが1点、ボウだけがクリーンで、1点のリードを奪いました。第3セクションではファハルドとカベスタニーが5点、ラガとボウが1点で抜けました。これでボウ1点、ラガ2点と、1点差のままレースが進みます。

ところが、第4セクション。ラガがクリーン、これに対してボウが5点となり、ボウは一気にラガの4点リードと逆転を許してしまいました。

最終セクションで、ラガが4点以上の減点となり、ボウがクリーンすれば連勝が続くことになります。しかし、このセクションはクリーンが難しいものの、5点になるリスクは比較的少なく、カベスタニーだけが5点。ファハルドの1点に続いてトライしたラガも1点で抜けました。これで、ボウの最後のトライを待つことなく、ラガの勝利が決まりました。

ポーでの開催は初めてとなったXトライアルで、ボウは2位。しかし、8度のチャンピオン獲得を誇るボウは、再び上位を目指すべく、次なるバルセロナに目を向けています。

2015年のXトライアル第4戦となるバルセロナ大会は、次回で38回目を迎え、3月8日(日)にバルセロナのパラオ・サン・ジョルディ・スタジアムで開催されます。ラガに対して8点差の55ポイントでポイントリーダーに立つボウにとって、このバルセロナは地元での大会となります。

コメント

トニー・ボウ (2位)
「朝、セクションを見たとき、今回の試合がとても簡単なレースになると感じました。このような大会では、一つのミスをカバーすることは限りなく難しくなります。セクションは数少なく、難易度が低いのですから、当然です。したがって、今日はすべてのセクションをクリーンしなければというもくろみで走りました。予選でのオールクリーンは、ラッキーな結果だったと思います。しかし、2位のラガ選手が2点と、僅差でつけていました。そして、ファイナルラップでは、ラッキーは起きませんでした。今日のラガ選手の勝利には、心から祝福を送りたいと思います。ここまでの28連勝は、決して普通のことではありません。今日のようなミスが、長い間ずっと出なかっただけのことです。ここで、我々は改めて気を引き締めて、次の戦いに目を向けていきます。ゴールは勝利であり、世界チャンピオンです。マシンは完ぺきですから、バルセロナでのレースを見ていてください」

リザルト

順位 ライダー チーム 予選 決勝
1 A.ラガ ガスガス 2 4
2 トニー・ボウ Repsol Honda Team 0 7
3 J.ファハルド ベータ 10 12
4 A.カベスタニー シェルコ 10 20
5 A.フェレール シェルコ 13 -
6 L.グビアン ガスガス 14 -
 
8 エディー・カールソン Honda 23 -

総合順位

順位 ライダー チーム 総合ポイント
1 トニー・ボウ Repsol Honda Team 55
2 A.ラガ ガスガス 47
3 A.カベスタニー シェルコ 36
4 J.ファハルド ベータ 30
5 A.フェレール シェルコ 18
6 L.グビアン ガスガス 8
 
8 エディー・カールソン Honda 3

スケジュール

    PHOTO GALLERY