MENU

HONDA

検索
HOME > Repsol Honda Team(トライアル世界選手権) > 第2戦 日本 決勝2日目

レポート

Grand Prix of Japan qatar 決勝2日目 2014/04/27

ボウが2位で表彰台登壇、藤波は4位

  • トニー・ボウ
  • トニー・ボウ
  • 藤波貴久
  • トニー・ボウ
  • 藤波貴久

好天に恵まれて、暑いくらいのツインリンクもてぎで行われたFIMトライアル世界選手権第2戦の決勝2日目。前日のような雷にも襲われず、絶好のトライアル観戦日和となりました。

試合は土曜日と同様、アダム・ラガ(ガスガス)が優勝し、トニー・ボウ(Repsol Honda Team)が2位で表彰台を獲得。チームメートの藤波貴久は4位となり、惜しくも表彰台を逃しました。

ボウと藤波は、身体的に大きな不安を抱えてのスタートとなりました。ボウは背中の筋肉とろっ骨の痛み、藤波は昨日悪化させたヒザの具合によるものです。12セクションを3ラップ走り、競技時間は5時間という長丁場です。万全の体調でも厳しい戦いが、いっそう厳しいものとなってしまいました。

それでも、ボウは痛みを押して、彼本来のすばらしい走りを披露していきます。土曜日に優勝したラガは、ボウを追う立場となり、精神的にもきついレースとなったはずでした。しかし、2ラップ目以降、ボウにミスが出始めます。ボウがさまざまなセクションで5点の失敗を連発してしまうシーンは、今回でしか見られないシーンでもありました。

3ラップ目、ボウは最後のがんばりをみせて追い上げます。このラップだけで言えば、ラガの7点に迫る8点のスコアをマークしたのですが、勝利を得るには2ラップ目の減点が多すぎました。結果、ラガに7点差で、優勝と2位は土曜日と同じ結果となりました。ボウには苦しい試合となりましたが、この苦しい状況で獲得した2位は、優勝に匹敵する重みがありました。

一方、藤波は、アルベルト・カベスタニー(シェルコ)、ジェロニ・ファハルド(ベータ)と僅差で3番手争いを展開しました。1ラップ目はファハルドがわずかに好調で、藤波が4番手、カベスタニーが5番手と続いていました。

しかし、2ラップ目、ファハルドがミスをして後退し、カベスタニーが好スコアをマーク。3番手はカベスタニーとなり、藤波は4番手を守ります。この流れでは、最後まであきらめなかったライダーがより上位を獲得できることになりそうでした。3ラップ目、最後に好スコアをマークしたのは、カベスタニーでした。藤波はファハルドに3点差で上位につけることができましたが、カベスタニーには10点差。残念ながら、表彰台を逃して4位となりました。

コメント
トニー・ボウ トニー・ボウ 2位

「今日は楽しいレースではありませんでした。それでも、トップを狙える位置にはいたと思いますが、中盤でミスが出てしまって、ラガ選手に勝利をつかまれてしまいました。それでも、今日のこの最悪と言ってもいいコンディションで2位を獲得できましたし、ランキングでは1点差とはいえトップですので、いいレースができたと思います」

藤波貴久 藤波貴久 4位
「ヒザの調子は決してよくなかったのですが、今日の4位は僕のミスです。痛みはずっとありましたが、それよりも、抑えが利かないことでミスにつながってしまったところがあったのが残念でした。今日は5点も多かったのですが、10点差をばん回することは可能だったと思うので、悔しい戦いになりました。でも、日本の皆さんの応援の中で走れて、心強いトライアルができました」

リザルト

決勝2日目

順位 No. ライダー マシン ラップ1 ラップ2 ラップ3 総減点 クリーン数
1 2 A.ラガ ガスガス 17 16 7 40 23
2 1 トニー・ボウ モンテッサ(Honda) 13 26 8 47 22
3 4 A.カベスタニー シェルコ 24 16 13 53 22
4 5 藤波貴久 モンテッサ(Honda) 22 20 21 63 18
5 3 J.ファハルド ベータ 20 26 20 66 19
6 19 小川友幸 Honda 26 29 26 81 12

総合順位

決勝2日目

順位 ライダー マシン 総合ポイント
1 トニー・ボウ モンテッサ(Honda) 71
2 A.ラガ ガスガス 70
3 藤波貴久 モンテッサ(Honda) 58
4 J.ファハルド ベータ 52
5 A.カベスタニー シェルコ 51
6 J.ダビル ベータ 38
ページトップへ▲