MENU

HONDA

検索
Japan 

Japan

Result
  FP1 FP2 FP3 FP4 QP Race Standing
マルク・マルケス 2nd 6th 1st 3rd 4th 2nd 1st
ダニ・ペドロサ 8th 4th 8th 2nd 3rd 4th 3rd
Report
マルケスが2年連続でのタイトル獲得をHondaのホームグランプリで決める

第15戦日本GPの決勝は10月12日(日)、シーズンタイトル王手で迎えたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が2位でフィニッシュ。チームメートで総合2位のダニ・ペドロサ、そして総合3位のバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)に先着したことで、3戦を残して、2年連続となるタイトルを獲得しました。

タイトル獲得を目前にしたマルケスにとって、今大会はプレッシャーとの戦いとなりました。予選は4番手。今季2度目の2列目スタートと、やや精彩を欠いた走りとなり、決勝も序盤はペースが上がらず、5番手までポジションを落としました。しかし、これが発奮材料となったのか、3周目にアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)、9周目にアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)をかわして3番手に浮上すると、前を走るロッシを追いかけました。

そして、16周目にロッシを抜いて2番手に浮上。そのままトップを走るホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)を追いますが、レース終了後に「今大会はタイトルを獲得するために、ロッシとペドロサの前でフィニッシュすることが最大の目標でした」と、語ったマルケスは、後続との差を確認しながら24周のレースを2位で終え、タイトルを獲得しました。

MotoGP2連覇を達成したマルケスは、シーズン15戦を終えて11勝と、1度の2位というすばらしいリザルトでライバルを圧倒。昨シーズンは最終戦での決着でしたが、今年は3戦を残してチャンピオンに輝きました。

マルケスは、昨シーズンに史上最年少チャンピオンとなり、今年は史上最年少で2連覇を達成。1963年にマイク・ヘイルウッドが23歳152日で達成した最年少記録を、21歳237日に塗りかえました。また今大会、マルケスが2位でフィニッシュしたことで、Hondaは最高峰クラスで4年連続21度目となる、コンストラクターズタイトルに王手をかけました。

ペドロサは予選3番手から決勝に挑みましたが、序盤にペースが上がらず、オープニングラップを6番手と、苦しいスタートになりました。そして、この後れをなかなか取り戻せず、さらに、イアンノーネとドヴィツィオーゾをかわすのに手間取ったことが影響し、4位でフィニッシュするのがやっとでした。後半は本来のリズムを取り戻し、前を走るロッシとマルケスとの差を詰めますが、追いつくまでには至りませんでした。

この結果ペドロサは、今大会で3位フィニッシュしたロッシと、同ポイントでの総合3位に。1つポジションを落とし、さらに、今大会で優勝したロレンソが3点差まで迫ってきました。ランキング2位の座を狙うペドロサとしては、連戦となる第16戦オーストラリアGPと第17戦マレーシアGPで、総合2位に返り咲くだけでなく、リードを築く意気込みです。

Comment

マルク・マルケス(MotoGP 優勝 / 2014年シーズンチャンピオン)
「2年連続のチャンピオン獲得は、とてもうれしいです。この高いレベルを維持するのはとても難しかったのですが、ついに私たちは成し遂げました。今日はタイトル決定の余韻に浸ります。レースでは、バレンティーノ(ロッシ)とダニ(ペドロサ)の前でフィニッシュするという明確な目標がありましたから、ほかのライダーの動向はあまり重要視しませんでした。その目標だけを意識して、達成できたことが大切です。このタイトルを、家族やチームのみんなをはじめ、私を支えてくれたすべての人たちにささげたいです」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 4位)
「スタートで出遅れ、前を走っていたライダーたちに2〜3秒の差をつけられてしまいました。そこから追い上げてかなり差を縮められましたが、今シーズン、ほかのレースでもあったように、序盤の後れを取り戻すのに時間を使わなければなりませんでした。マルク(マルケス)とチームを祝福したいと思います。今季、彼らは本当にすばらしい仕事をして、タイトルを防衛しました」

Release

2014.10.12
Marc Marquez wins 2014 World Championship in Japan with second place in Motegi Repsol Honda's Marc Marquez has clinched his second consecutive Championship on Honda's home soil, becoming the first Honda rider to clinch a World title - in any class - at the Motegi circuit, with his well earned second place finish. Teammate Dani Pedrosa fought to the end and finished just half a second off the podium in 4th position.

PRESS RELEASE プレス向けニュース配信