MENU

HONDA

検索
Great Britain 

Great Britain

Result
  FP1 FP2 FP3 FP4 QP Race Standing
マルク・マルケス 1st 1st 1st 1st 1st 1st 1st
ダニ・ペドロサ 10th 9th 3rd 3rd 5th 4th 2nd
Report
マルケスが今季11勝目を挙げる。ペドロサは4位でフィニッシュ

8月31日(日)に開催された第12戦イギリスGP決勝は、レースウイークで初めて、青空が広がるコンディションとなりました。気温は18℃とそれほど高くはありませんでしたが、路面温度は前日の予選より7℃高い、29℃まで上昇しました。そのため、コンディションとしてはよくなったものの、前日までとは多少マシンのフィーリングが変わる難しいレースとなりました。

今季10度目のポールポジションからスタートを切ったマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、オープニングラップでは2番手に。それでも、次第にペースを上げて、トップを走るホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)との差を縮めていきます。14周目にトップに浮上し、その後、抜き返されますが、18周目に再びトップに立つと、そのまま20周のレースで真っ先にチェッカーを受けました。

前戦チェコGPでは4位と、悔しいレースになったマルケス。しかし、今大会はフリー走行、予選、ウォームアップのすべてのセッションでライバルを圧倒する完ぺきな3日間となり、難しいコンディションとなった決勝でも、追いすがるロレンソを振りきる快走をみせ、優勝に輝きました。

マルケスはこれで、シーズン11勝目を達成。史上2番目のシーズン勝利記録であり、ジャコモ・アゴスチーニ、現在もヤマハで活躍するバレンティーノ・ロッシ(Hondaとヤマハで達成)に並びました。次の第13戦サンマリノGPでは、ミック・ドゥーハンがHondaマシンで樹立した、シーズン12勝というシーズン最多記録に挑みます。

前戦チェコGPで、今季初優勝を果たしたダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、オープニングラップで予選5番手から6番手にポジションを落としました。しかし、2周目にアレックス・エスパルガロ(FORWARD YAMAHA)をパスして5番手に。そこからさらにペースを上げて、3番手争いを繰り広げる、ロッシとアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)のグループに追いつきました。

レース中盤には、3番手争いのグループでトップに立ちますが、終盤にロッシに抜かれて4位になり、惜しくも表彰台を逃しました。しかし、ポイントランキング2位の座はキープしており、総合でRepsol Honda Teamの1-2となっています。

Comment

マルク・マルケス(MotoGP 優勝)
「優勝できてとてもうれしいです。路面コンディションが昨日までと変わったことで、今日のレースは、ちょっと状況が変化しました。気温が上がった今日のレースにおいて、ホルヘ(ロレンソ)とバレンティーノ(ロッシ)の前でフィニッシュできました。ホルヘと最後まですばらしいペースで戦えました。オートモトドラム・ブルノ・サーキットではいいレースができなかったので、今日のレースで優勝することがとても重要でした。昨年のレースは最終コーナーでホルヘに抜かれましたが、今日はトップでフィニッシュできてとてもうれしいです」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 4位)
「厳しいレースでした。スタートがよくなくて、オープニングラップでトップグループに離されてしまいました。しかし、それからはトップグループと同じペースで走ることができましたし、バレンティーノやアンドレア(ドヴィツィオーゾ)とのバトルを経て、4位でフィニッシュしました。今週は最高の週末とはなりませんでしたが、次のレースでは、再びトップを目指したいです」

Release

2014.08.31
Marquez back in the groove in Silverstone with win number eleven, Pedrosa battles for fourth Repsol Honda’s Marc Marquez was back on the top step of the podium today, after an intense encounter with Jorge Lorenzo, and became the first rider since Valentino Rossi in 2005 to win 11 MotoGP races in a single season.

PRESS RELEASE プレス向けニュース配信