MENU

HONDA

検索
Czech Republic 

Czech Republic

Result
  FP1 FP2 FP3 FP4 QP Race Standing
マルク・マルケス 1st 3rd - - - - -
ダニ・ペドロサ 3rd 4th - - - - -
Report
ドライでもウエットでもマルケスがトップタイム。ペドロサが3番手となり、Repsol Honda Teamの2人が好調なスタートを切る

第10戦インディアナポリスGPから2週連続の開催となった第11戦チェコGPのフリー走行は、午前中は青空が広がる絶好のコンディションとなりましたが、午後は雨雲が空を覆い、一時的に雨が降る不安定な天候となりました。そのため、MotoGPクラスの午後の走行はウエットコンディション、Moto2クラスはウエットからドライへと変化する難しいコンディションとなりました。

ドライコンディションで行われた1回目のフリー走行は、着実にタイムを短縮したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、セッション終盤に1分56秒803のトップタイムをマーク。2年連続の大会制覇に向けて、絶好のスタートを切りました。午後のセッションでは、さらなるタイムの短縮が予想されたものの、セッションスタート直後に雨が降り、ウエットコンディションとなりました。そのため、雨が降り出す直前にタイムを出したアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)が1番手、ヘクトール・バルベラ(AVINTIA)が2番手となりましたが、ウエットコンディションでのタイムとしては、セッション3番手のマルケスが叩き出した、2分07秒846がベスト。ドライでもウエットでも、この日のベストタイムをマークしたのはマルケスでした。

総合3番手につけたダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)にとっても、この日は順調な一日となりました。午前のセッションでは、マルケスから0.052秒差という僅差の3番手。ウエットコンディションとなった2回目のセッションでも、マルケスから0.002秒差の好タイムをマークしました。おととしの大会では、ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)とのし烈な戦いを制して優勝。昨年の大会では、マルケスを猛追して2位に入り、Repsol Honda Teamが1-2フィニッシュを果たしました。チェコGPは、Repsol Honda Teamの1-2フィニッシュが期待される初日となりました。

Comment

マルク・マルケス(MotoGP 1番手)
「今日は午前と午後で路面コンディションが大きく変わりましたが、どちらも順調にセットアップを進められ、とても満足しています。こういう天気になることは予想していました。完ぺきではありませんが、コンディションに合わせてセットアップすることができました。特にウエットコンディションになった午後のセッションでは、安定したラップタイムを刻めました。これはとても重要なことで、いい一日になりました。明日も天候を見ながら、いい予選にしたいと思います」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 3番手)
「1回目はドライ、2回目はウエットでしたが、どちらのセッションも順調でした。しかし、タイヤのテストをしなければならないですし、異なるセットアップも試したいので、もっとドライコンディションで走る必要があります。いずれにしても、今日は楽しい一日でした。明日のセッションが待ちきれません」

Release

2014.08.15
Mixed conditions on first day in Czech RepublicTemperamental weather has once again played its part on the first day in Brno. Repsol Honda’s Marc Marquez was fastest for the day after leading this morning’s dry session with a time of 1’56.803 on his final lap of 17. Teammate Dani Pedrosa finished third, just 0.052 off Marc, with 1’56.855 on lap 16 of 17.

PRESS RELEASE プレス向けニュース配信