MENU

HONDA

検索
France 

France

Result
  FP1 FP2 FP3 FP4 QP Race Standing
マルク・マルケス 1st 1st 2nd 1st 1st 1st 1st
ダニ・ペドロサ 2nd 5th 7th 4th 9th 5th 2nd
Report
マルケスが5連勝を達成。ペドロサは9番手から追い上げて5位フィニッシュ

第5戦フランスGP決勝は、開幕から5戦連続でポールポジションを獲得し、優勝候補の筆頭に挙げられていたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、力強い走りで開幕5連勝を達成しました。オープニングラップにホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)との接触を避けるためにオーバーランを喫して、10番手へとポジションダウン。しかし、ここから猛列な追い上げをみせたマルケスは、ル・マンに集まった約8万8000人のファンを喜ばせました。

オープニングラップのハプニングで、開幕5連勝に向けていきなりピンチに陥ったマルケスでしたが、2周目に9番手、3周目に7番手、5周目に6番手、7周目に4番手と、あっという間にポジションを上げていきます。そして、10周目にステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)を抜いて3番手に浮上すると、11周目にポル・エスパルガロ(ヤマハ)をかわして2番手へ。さらに13周目にトップを走るバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)を抜いて首位に立ちました。

それまで100%の走りを繰り広げたマルケスですが、トップに立ってからは後続との差を確認しながら着実にラップを刻み、28周のレースで真っ先にチェッカーを受けました。今大会のマルケスは、予選で2008年にダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)がマークしたサーキットベストタイムを塗り替えました。そして、決勝では、2011年にケーシー・ストーナー(Repsol Honda Team)がマークした44分04秒955という決勝レースのベストタイムを更新する44分03秒925でフィニッシュ。そして、マイク・ヘイルウッドが1962年に22歳160日で樹立した最年少での5連勝記録を、21歳90日でブレイクしました。

予選9番手から決勝に挑んだペドロサは、序盤にペースを上げられず、それが影響して5位に終わりました。前戦スペインGPを終えて、右腕の腕上がりの手術を受けました。そのため、今大会のフリー走行では、腕に負担をかけないようセーブして走ったことがセッティングを詰めきれない要因となりました。開幕からの5戦連続表彰台獲得は果たせなかったペドロサですが、我慢強い走りで5位フィニッシュ。総合2位をキープしました。

Comment

マルク・マルケス(MotoGP 優勝)
「これまでの勝利に比べて、今日のレースは、はるかに難しい展開だったので、とても満足しています。スタートでミスしてしまい、その後、ちょっと気を抜いていたのか、ホルヘ(ロレンソ、ヤマハ)に抜かれ、自分を抜いていったホルヘがオーバーランをしたときに接触しそうになりました。それを避けようとコースを外れたことで、たくさんのライダーに抜かれてしまいました。しかし、それから猛列に追い上げられましたし、とても楽しく走ることができました。しかも、開幕から5戦連続優勝を達成して、本当に最高の気分です。きっと、レースを見ていた多くの人は簡単に勝ったように見えたと思いますが、今日も100%の走りでした。今日の勝利は、僕も含めて、これまでがんばってきたチーム全体へのご褒美だったような気がします」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 5位)
「コントロールするのが難しいレースでした。スタートはそれほど悪くなかったのですが、(アンドレア)イアンノーネ(ドゥカティ)と(ブラッドリー)スミス(ヤマハ)が第1コーナーで強引に入ってきたことで、遅れました。コースの外にはじき出されたライダーもいましたし、結果的にこれでトップグループから離されてしまいました。しかし、これはレースの結果にそれほど大きな影響はなかったと思います。今日の苦戦は、自分が選択したフロントタイヤがうまく機能せず、厳しい走りを強いられたことが一番の要因でした。これまで通り全力で走ろうとしましたが、攻められるようになるまでには多くの周回が必要でした。今大会は、快適なマシンのセットアップが見つけられませんでした。今回の失敗を次戦に生かしたいと思います」

Release

2014.05.18
Unstoppable Marquez makes it five-in-a-row with another perfect weekend Repsol Honda sensation, Marc Marquez, has enjoyed a perfect weekend in Le Mans taking pole position (with a new record), setting a new fastest race lap (1’33.548 on lap 8) and crowning it with the victory (in a record time) in front of 88,222 spectators.

PRESS RELEASE プレス向けニュース配信