MENU

HONDA

検索
Release

Release

Japan - Preview

Date : 2014/10/07

Repsol Honda Teamがホームの日本へ。マルケスはタイトルに王手

Repsol Honda Teamがホームの日本へ。マルケスはタイトルに王手

スペイン・アラゴンでのレースは、途中から降り出した雨によって大荒れの展開となり、Repsol Honda Teamとしては2012年のサンマリノGP以来36レースぶりに表彰台を逃す、厳しい結果となりました。しかし、チームは気持ちを切り替え、3週連続でアジア・オセアニアへの遠征となる“フライアウェイ・レース”の初戦、日本GPの開催地へ向かっています。

北関東の豊かな自然に囲まれた地域にあるツインリンクもてぎは、1.5マイルのオーバルコースと2.9マイルの国際格式ロードコースが併設されています。1997年8月にHondaによって建設され、2000年からロードコースがMotoGPの舞台となりました。

マルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、2012年のMoto2クラス、10年の125tクラスで優勝しており、13年のMotoGPクラスと11年のMoto2クラスでは2位表彰台を獲得しています。ダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)にとっては得意コースであり、これまでに3勝(12年と11年のMotoGPクラス、04年の250tクラス)、2位1回(05年の250tクラス)、3位3回(13年、09年、08年のMotoGP)を記録しています。

また、今大会、マルケスは2年連続のチャンピオン決定に王手をかけて臨みます。現在ランキング2位のペドロサとは75ポイントの差があり、日本GPで優勝すれば2連覇が確定。2位以下となった場合でも、ほかのライダーの成績によっては、タイトルを手にする可能性があります。

Marc Marquez
マルク・マルケス(ランキング1位 292ポイント)

「アラゴンでは、難しい状況から貴重な経験を得ました。ただ、ライバルにポイント差を詰められなかったのは幸いです。そして、この日本GPでタイトルを決めるチャンスがやって来ました。Hondaのホームでチャンピオンを決められたら最高ですが、そのことをあまり考えすぎず、日曜に勝利をつかめるように、いつも通り1日目からハードワークをするつもりです。昨年はMotoGPマシンで初めてもてぎを走り、難しい天候に苦しみました。今年はいいセットアップを見つけるためにも、ドライコンディションで多くの時間が取れることを願っています」

Dani Pedrosa
ダニ・ペドロサ(ランキング2位 217ポイント)

「アラゴンはかなり厳しいレースでしたし、ピットインしないという間違った選択をしてしまいました。しかし、私はすでにもてぎでのレースに集中しています。Hondaのホームレースは、いつも楽しみです。Hondaにとってのビッグイベントですし、いいパフォーマンスをしようという特別なモチベーションがわきます。コースは激しいブレーキングと加速をするポイントが多く、セットアップにはブレーキの制動力とコーナー立ち上がりでのトラクションが重要です。そして、昨年よりも天候がよくなることを祈りましょう」

Circuit Information

Length 4.801 m / 2.983 miles
Width 15m
Left corners 6
Right corners 8
Longest straight 762 m / 0.473 miles
Constructed 1997
Modified 1997
circuit
Pole position 1m 44.969s (164.654km/h) Jorge Lorenzo (Yamaha, 2012)
Race lap 1m 45.589s (163.687km/h) Dani Pedrosa (Honda, 2012)
Race time 42m 31.569s (162.569km/h) Dani Pedrosa (Honda, 2012)
2012 Race Winner Dani Pedrosa (Honda)
2013 Race Winner Jorge Lorenzo (Yamaha)
PRESS RELEASE プレス向けニュース配信