MENU

HONDA

検索
Release

Release

Testing Brno - Czech Republic - Testing Report
Date : 2014/07/16 Weather : Dry Air : 27°C Track : 43°C Humidity : 42%

マルケスとペドロサが2015年型マシンで初走行

マルケスとペドロサが2015年型マシンで初走行

Repsol Honda Teamのマルク・マルケスとダニ・ペドロサは、チェコ・ブルノでのテスト2日目に臨み、来季型マシンの初走行を実施しました。

午前中のほとんどの時間は、2人とも現行のRC213Vのテストを行い、マルケスがランチの少し前に2015年モデルで走行を開始。ペドロサもすぐに続きました。両ライダーともピットに戻ると、チームとHRCのエンジニアに向けて、貴重な情報をフィードバックしました。2人ともニューマシンの長所と改善点をコメント。これが、今後の開発に生かされます。

マルケスは、前日に続いてターン5で軽い転倒を喫したものの、現行マシンで53周を走行。2015年型プロトタイプでは20周を走行し、コーナースピードの向上が見られました。ペドロサは2014年型でのマッピングのセットアップに集中し、41周を走行。新型プロトタイプでは、16周を走行しました。

マルク・マルケス
マルク・マルケス

「グリップはまだ望んでいたレベルになく、もう少し速く走って限界に近づきたかったという思いはありましたが、2日目は順調に進みました。午前中にはまたしてもターン5でフロントを失って転倒してしまいました。新型マシンも初めて試してみましたが、第一印象はかなりいいです。もちろん、いい点と改善すべき点と両方あるものの、初めて乗った時点では満足しています。新型マシンでも、現行マシンと同じように取り組めましたので、うれしいです」

ダニ・ペドロサ
ダニ・ペドロサ

「今日は、一日中ドライコンディションで、多くの時間を使えました。天候が回復して、いろいろなことを試せました。路面グリップはまだ十分ではなかったのですが、多くの距離を走れましたし、新型マシンの印象もつかめました。新型マシンは、まだこれから熟成を図る必要がありますが、次回のテストで試してみたいアイデアが見つかりました」

Circuit Information

Length 5.403 m / 3.357 miles
Width 15m
Left corners 6
Right corners 8
Longest straight 636 m / 0.395 miles
Constructed 1987
Modified 1996
circuit
Pole Position 1m 55.527s (168.3 km/h) Cal Crutchlow (Yamaha, 2013)
Race lap 1m 56.135s (167.4 km/) Marc Marquez (Honda, 2013)
Race time 42m 50.729s (166.4 km/h) Marc Marquez (Honda, 2013)
2012 Winner Dani Pedrosa (Honda)
2013 Winner Marc Marquez (Honda)

Photo Gallery

  • マルク・マルケス
  • マルク・マルケス
  • ダニ・ペドロサ
  • Testing Brno
  • ダニ・ペドロサ
  • マルク・マルケス
PRESS RELEASE プレス向けニュース配信