MENU

HONDA

検索
Release

Release

Date : 2014/03/01

HRCがインドネシアのピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーターと新たに提携を結ぶ

HRCがインドネシアのピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーターと新たに提携を結ぶ

インドネシア人ライダーの育成・活躍を目指して、ピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーター(以下、AHJ)は、HondaのファクトリーレーシングチームのRepsol Honda Teamと提携を結びました。

これにより、「One HEART」と「Satu HATI」のロゴが、Hondaのワークスマシン「RC213V」や、2013年MotoGP世界チャンピオンのマルク・マルケスと、総合3位のダニ・ペドロサが着用する2014年シーズンのレザースーツに掲出されます。(セパンでの1回目のテストからロゴが付いています)

2011年と2012年にも結ばれたAHJとの提携により、インドネシア国内のモータースポーツ普及にも努めるほか、インドネシア国内外で活躍できるよう、若手ライダーの育成をサポートしていきます。ライダーの育成には、ホンダレーシングスクール(HRS)のプログラムと、Hondaのモータースポーツマシン「CB150R StreetFire」を使用します。また、レーシングチームの育成には、ホンダテクニカルレーシングトレーニングが適用されます。

AHJマーケティングディレクターのマルゴノ・タヌウィジャヤ(Margono Tanuwijaya)は、次世代ライダーのアジアやスペインにおける活動をAHJがサポートすることについて、以下のように語りました。
「AHJは、アジアやスペインにおける次世代ライダーの活動を献身的にサポートし、彼らの目標達成に貢献していきたいと考えています。近い将来、インドネシアから世界レベルで戦えるヒーローを輩出できるようになると期待しています。AHJのスローガンである『Satu HATI, One HEART』の精神で一つ一つの目標を達成していき、世界の最高水準でレースにつながっていくことを願います」

インドネシアのジャカルタで行われた発表会には、HRC取締役副社長の中本 修平とチームライダーのダニ・ペドロサが出席しました。

発表会の中で中本 修平は、以下のように語りました。
「アストラ・ホンダは、2輪モータースポーツにおける若い世代の活躍を献身的にサポートしています。そのアストラ・ホンダと改めて提携できることをうれしく思います。インドネシアではMotoGPの人気が高く、ファンもとても情熱的で、インドネシアとの関係は、Hondaにとってとても重要であると考えています」

マレーシアでのテストを終えて駆け付けたダニ・ペドロサは、以下のように語りました。
「インドネシアのファンの皆さんからは、たくさんの応援メッセージをもらっていて、その情熱が伝わってきます。『One HEART - Satu HATI』のロゴがマシンやレーススーツに載っているのを見てもらうことで、我々もインドネシアの皆さんをサポートしていることを感じ取っていただけるとうれしいです」

チームメートのマルク・マルケスは、先日負ったけがの療養中のため、ジャカルタでの発表会には不参加となりましたが、インドネシアのチームへメッセージを送りました。
「インドネシアのみなさんに会えることを楽しみにしていましたが、ジャカルタに行くことができず、申し訳ありません。みなさんの『One HEART - Satu HATI』の精神を分けてもらいながら、体調の回復に努めています。インドネシアのチームとライダーの皆さんが、今シーズン活躍されることを祈っています」

今回発表されたロゴは、来週のフィリップ・アイランドでのテストや、マルケスとペドロサが出場する、カタールのロサイル・インターナショナル・サーキットでの開幕戦(決勝:3月23日)で見ることができます。

PRESS RELEASE プレス向けニュース配信