MENU

HONDA

検索
シーラインクロスカントリーラリー2015 第5ステージ
2015/4/24
Liaison:6.45kmSpecial stage:365.28km

Team HRC、連日の1-2フィニッシュで最終日を締めくくる。バレダ選手が総合2位、ゴンサルヴェス選手が総合3位を獲得

シーラインクロスカントリーラリーは、ホアン・バレダ選手(Team HRC)のステージ優勝と総合2位、パウロ・ゴンサルヴェス選手(Team HRC)の総合3位という好成績とともに幕を閉じました。

バレダ選手とゴンサルヴェス選手による連日の1-2フィニッシュで、Team HRCは改めてその実力と存在感を知らしめました。

今回の365.28qのスペシャルステージは、岩と砂丘、複雑なナビゲーションが組み合わされた難易度の高いものでしたが、ラウンド全戦を通して苦境を乗り越えてきたTeam HRCのライダーたちの快進撃が止まることはありませんでした。

優位なグリッドからスタートしたTeam HRC勢は、最終ステージを見事に制しました。バレダ選手が1位でゴールし、ゴンサルヴェス選手が1分21秒の差で2位でフィニッシュ。総合ランクではバレダ選手が2位、ゴンサルヴェス選手が3位を獲得し、カタールでのラウンドを終えました。

コメント

ホアン・バレダ選手 (スペシャルステージ5/ 1位、総合2位)
「大会を通して、いいレースができたと思いますが、楽な戦いではありませんでした。1日目には6秒差で優勝を逃すという残念な結果もありました。総合首位のマルク・コマ選手(KTM)とは接戦を続け、最終的には差を縮められたのでよかったです。チームとしていい方向に進めていると思います」

パウロ・ゴンサルヴェス選手 (スペシャルステージ5/ 2位、総合3位)
「クロスカントリーラリー世界選手権の第2戦が終了しました。アブダビからの流れで序盤では苦労しましたが、それでも私たちはあきらめずにレースを続け、最後の3戦では勝利を挙げました。最終的にホアン(バレダ)が総合で2位に、私は3位になりました。マシンの状態は完ぺきですので、次のレースも楽しみにしています」

ウルフギャング・フィッシャー | Team HRC チーム監督
「総合順位で2位と3位を獲得しました。ホアンとパウロには、おめでとうと言いたいです。緒戦はスタートポジションの配列に苦しみ思うように戦えませんでしたが、後半は技術的にも戦術的にも、とてもうまくできました。選手たちは本当によくがんばってくれました。今回のラウンドを通して、ナビゲーションスキルやフィジカル、テクニックなど多くのことを改善できました。ジェレミアス(イスラエル)が途中でリタイアしたのは残念でしたが、ケガの経過は良好なので、早い段階で復帰できると思います。次のラウンドでもいいレースをして、チャンピオンシップの制覇を狙っていきます」

※レポート、コメントは暫定結果に基づくものです。

リザルト

SS5順位
順位 ライダー マシン タイム/差
1 ホアン・バレダ Honda 4:07'51
2 パウロ・ゴンサルヴェス Honda +1'21
3 M.コマ KTM +3'17
4 J.ビラドムス KTM +5'01
5 S.サンダーランド KTM +7'24
6 P.クインタニラ KTM +9'02
総合順位
順位 ライダー マシン タイム/差
1 M.コマ KTM 19:56'48
2 ホアン・バレダ Honda +4'40
3 パウロ・ゴンサルヴェス Honda +6'33
4 J.ビラドムス KTM +17'59
5 P.クインタニラ KTM +18'00
6 S.サンダーランド KTM +21'10

    PHOTO GALLERY