MENU

HONDA

検索
モロッコ モロッコラリー2015 第5ステージ
2015/10/9
Liaison:79kmSpecial stage:237km

ゴンサルヴェス選手が最終ステージを制し、総合3位で表彰台獲得

モロッコラリーの最後となる第5ステージで、Team HRCのパウロ・ゴンサルヴェス選手が優勝。総合3位に入り、表彰台登壇を果たしました。

前日の転倒によって優勝の可能性はほぼなくなりましたが、ゴンサルヴェス選手はこの最終ステージでベストを尽くすことに目標を切り替え、すばらしい走りを披露しました。複雑なルートと多くの障害物が待ち受けるステージをトップタイムで走破し、総合順位も3位でフィニッシュ。見事に表彰台を勝ち取りました。

パオロ・セッシ選手は、Team HRCでの初レースとなりましたが、マシンへの習熟を日に日に深め、この日も良好なペースで完走。総合9位で大会を終えました。

また、Hondaサウスアメリカラリーチームにとっても、実りのある大会となりました。Team HRCによる技術面とロジスティクスでのサポートもあり、世界選手権初参戦のケビン・ベナバイズ選手が総合4位を獲得。ルーキーとしては過去最高の成績を収めました。この日は途中でアクシデントに遭遇したチリ人ライダーのクインタニラ選手を救護するためマシンをストップ。クインタニラ選手は無事にヘリコプターで病院へ運ばれました。

チームメートのブラジル人ライダー、ジェアン・アゼベド選手は、今大会で初めて乗った新型マシンのセッティングで試行錯誤していましたが、ようやくいいセットアップが見つかり、快調な走りでゴール。トップ10ライダーと約4分差で大会を終えました。

なお、前日の転倒で病院へ搬送されたホアン・バレダ選手は、検査の結果、大きな問題は見つかりませんでした。来年1月のダカールラリーに向けて準備を進めることになります。

コメント

パウロ・ゴンサルヴェス選手(ステージ1位/総合3位)
「ダカールに向けた最後のテストとなる大会が終わりました。今大会ではミスもあったりして、満足いく結果とは言えません。総合優勝を狙っていましたが、4日目のアクシデントで燃料タンクとポンプを損傷して大幅なタイムロスをしたことで、達成できませんでした。ただ、大会を通じてすばらしい速さがありましたし、これを継続していくことでさらによくなると思います。このモロッコでは2度のステージ優勝を果たして総合で表彰台も獲得しましたし、2015年の世界選手権で3位という結果もすばらしいと思います。Team HRCは本当によくがんばってくれて、この大会中でいろいろなものが向上しました。これをさらに続けていきます」

パオロ・セッシ選手(ステージ12位/総合9位)
「今日はナビゲーション能力が試されるいいステージでした。給油地点に到着した時点で、総合成績で前をいくライバルを上回ることができていて、満足しています。チームにとっては新人である私と、いいチームワークを築いてくれ、順調にレースを進められたのもうれしいです。また、ケビンとパウロの活躍も本当によかったと思います。また、ホアンが早く回復することを願っています。来年のダカールでまた会いましょう」

ケビン・ベナバイズ選手(ステージ8位/総合4位)
「モロッコラリーを完走できて、本当によかったです。初めての世界選手権をいい成績で終えられて満足していますし、マシンやナビゲーションにも慣れることができました。今日は、スペシャルステージ序盤でクインタニラ選手のアクシデントに遭遇したので、ヘリコプターが来るまで彼に付き添っていました。その後は複雑な曲がりくねったルートをミスなく走りきり、いい結果を残せました。Team HRCとHondaサウスアメリカラリーチームの皆さんには本当に感謝していますし、家族や友達、サポートしてくださったファンにもお礼を言いたいです。本当にありがとうございました」

ジェアン・アゼベド選手(ステージ14位/総合11位)
「今大会はすばらしいトレーニングの場になりました。新型Honda CRF450 RALLYでの初戦であり、もともとメッジ選手のために準備されたマシンを使ったのですが、日に日に感覚はよくなり、Showaの協力もあってサスペンションのセッティングも決まりました。今回参戦の機会を与えてくれたHonda、HRC、Hondaブラジルに感謝したいと思います。次なる目標、ダカールに向けてがんばります」

※レポート、コメントは暫定結果に基づくものです。

リザルト

SS5順位
順位 ライダー マシン タイム/差
1 パウロ・ゴンサルヴェス Honda 3:35'00
2 H.ロドリゲス ヤマハ +5'46
3 M.ウォークナー KTM +6'48
4 S.サンダーランド KTM +10'35
5 O.ペイン KTM +10'37
6 A.メオ KTM +11'15
 
8 ケビン・ベナバイズ Honda +13'17
12 パオロ・セッシ Honda +17'37
14 ジェアン・アゼベド Honda +23'50
総合順位
順位 ライダー マシン タイム/差
1 S.サンダーランド KTM 15:38'25
2 M.ウォークナー KTM +00'34
3 パウロ・ゴンサルヴェス Honda +29'08
4 ケビン・ベナバイズ Honda +47'38
5 R.ファリア ハスクバーナ +56'38
6 O.ペイン KTM +59'24
 
9 パオロ・セッシ Honda +1:57'17
11 ジェアン・アゼベド Honda +2:05'16

    PHOTO GALLERY