MENU

HONDA

検索
HOME > ニュース > 富沢祥也選手の逝去について

ニュース

富沢祥也選手の逝去について

2010年9月6日(月)

ロードレース世界選手権(WGP)Moto2クラスに参戦するTechnomag-CIPチームの富沢祥也選手(19歳 千葉県)は、2010年9月5日(日)に開催された第12戦サンマリノグランプリ Moto2クラス決勝レース走行中の12周目、11コーナーで転倒。頭部、胸部、腹部を負傷し、サーキット内のメディカルセンターで人工呼吸などの処置を 受けた後、2名の医師とともにサーキットからリッチョーネ市内の病院に搬送されました。病院では緊急処置が施されたものの、同日(9月5日)午後2時20 分、逝去されました。
※2010年9月5日 レース・ディレクション発表

富沢選手は、2006年に全日本ロードレース選手権のGP125クラス(Honda RS125R)にデビューするとともに、同年開催されたWGP日本グランプリ125ccクラスにワイルドカードでスポット参戦を果たしました。2008年 には全日本ロードレース選手権GP250クラス(Honda RS250R)にステップアップし、ランキング2位を獲得。翌2009年には、活躍の場をWGP250ccへと移し、フル参戦しました。今シーズンは、新設されたMoto2クラスに参戦し、開幕戦カタールでは見事優勝を遂げ、世界で活躍する日本人の若手ライダーとして今後の更なる活躍が期待されるライダーでした。

謹んでお悔やみを申し上げますと共に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

中本修平 HRC副社長のコメント

「現場で富沢選手の訃報に接し、深い悲しみでいっぱいです。富沢選手は、グランプリライダーとしてのキャリアをまだ歩みはじめたばかりで、チャレンジングスピリット溢れる有望なライダーを失ったことは、大変残念に思います。富沢選手ならびにご家族に対しまして、心より哀悼の意を表します」