MENU

HONDA

検索
2020/1/21

「HRC NSF250R Challenge」参加ライダーに2020年J-GP3チャレンジクラスおよび、J-GP3特別参加枠募集のお知らせ

MFJの若手育成施策として、全日本ロードレース選手権 J-GP3クラスへの「HRC NSF250R Challenge」参戦ライダーに対してJ-GP3 チャレンジクラスが設定されました。また、昨年に引き続き、J-GP3特別参加枠も設定されています。

※年齢制限とタイム基準があるのでご確認ください。

<2020年 全日本ロードレース選手権 J-GP3 チャレンジクラス募集要項>

■年 齢
13歳〜19歳
最低年齢は、各大会の予選日時点の年齢を指し、上限年齢は、2020年1月1日時点の年齢を指す。

■資 格
HRC NSF250Rチャレンジ技術仕様(規則の詳細はHRCのホームページ参照)。

  • ・最低重量は完全装備のライダー重量と車両重量の合算重量145kgが適用される。(付則7 7-18-5適用)
  • ・ゼッケンベース色は赤地に白文字(付則7 7-13-8適用)
  • ・データロガーの使用(付則7 7-12-2適用)

■特 典

  • ・チャレンジクラスで全日本選手権オートポリス大会時点でのランキング1位の選手は2021年 IDEMITSU アジアタレントカップの年間出場選手に推薦されます。ただし、アジアタレントカップの年間参戦経験者は除く。
  • ・J-GP3 チャレンジクラスおよび特別参戦枠参戦者のうち、全日本選手権第2戦から第6戦および鈴鹿選手権第2戦(5月16-17日)のうち3大会(異なるサーキットの大会)以上参加した者から最大2名をアジアタレントカップに推薦する場合がある。(アジアタレントカップ MFJ 推薦枠)

<2020年 全日本ロードレース選手権 J-GP3クラス特別参加枠募集要項>
若手ライダー育成を目的に全日本ロードレース選手権J-GP3クラスに大会ごとに最大10名の『特別参加枠』を設け、参加条件をクリアしたロードレースジュニア、国内ライセンスのライダーのレースに参加を認める。なお、特別参加枠選手には、全日本ポイント、賞金などは付与されません。

■年 齢
12歳〜18歳
最低年齢は、各大会の予選日時点の年齢を指し、上限年齢は、2020年1月1日時点の年齢を指す。

■資 格
MFJロードレースジュニアライセンス、国内ライセンス所持者

■定 員
1大会あたり 10名以内
ただし、各大会の参加者の選抜は、選抜委員会にて決定する。

■参加条件
地方選手権HRC NSF250Rチャレンジの参加者であることに加え、以下の2条件を基準に選抜を行う。

  • @出場を希望するサーキット(大会) の設定基準タイム(2020年は全日本選手権J-GP3クラスのコースレコードの105%)以内で走行した公式記録※(地方選手権の予選または決勝リザルト)を提示可能なライダー。
    ※HRC NSF250Rチャレンジ仕様の車両でのタイム
  •  
  • A筑波、鈴鹿(フルコース)、もてぎのコースレコード 105%以内の実績者は、他大会の参戦申請することができる。(公式記録は上記@の内容と同じ)

■車 両
NSF250R (車両は、参加者が準備すること)

■仕 様

  • ・HRC NSF250Rチャレンジ技術仕様(規則の詳細はHRCのホームページ参照)。
  • ・最低重量は車両重量のみ
  • ・ゼッケンベース色は赤地に白文字

■エントリー料
10,000円(税別)

■特 典
大会ごとにダンロップ製スリックタイヤ(1セット/1名)を供給する。

■その他

  • @大会時の決勝進出者選出は、全日本エントリー者、特別参加枠に関わらず、各ライダーの予選べストタイム順に選出される。
  •  
  • A特別参加枠選手には、全日本ポイント、賞金は付与されない。
  •  
  • Bエアバッグの着用が義務つけられる。

<受付手順・エントリー方法>

希望者は、各大会のエントリー期間の20日前までにプレエントリー用紙(別紙)を記入し、MFJへ申請。

選抜委員会にて、特別枠参戦選手の審議を行い参加者が決定する。特別参戦枠の参加者の合否は、MFJより連絡され、特別枠参戦決定者は、「MFJ全日本ロードレース選手権 出場申込書(1大会用)」を記入し、各大会のエントリー期間中に大会主催者へ個々で申し込みを行う。


2020年度 J-GP3クラスに関する追加の事項のお知らせ

2020年 MFJ全日本ロードレースJ-GP3特別参加枠プレエントリーシート