MENU

HONDA

検索
HOME > Team HRC(モトクロス世界選手権) > バブリシェフ、手術を終え復帰に備える

ニュース

20/06/2014

バブリシェフ、手術を終え復帰に備える

バブリシェフ、手術を終え復帰に備える

イブジェニー・バブリシェフ選手は、イタリアGPのレース2、1周目の第3コーナーで、後ろのライダーから衝突されて左足に衝撃を負い、けい骨とひ骨を骨折しました。

バブリシェフ選手はすぐにボルゴマネーロにある病院に搬送され、左足の3ヵ所を骨折しているという診断を受けました。その日の夜に車でベルギーに戻り、月曜日に手術が行われました。

手術は成功し、バブリシェフ選手の左足には骨を支えるピンが入っています。10日後に再度医師の診断を受け、リハビリ期間が明らかになる予定です。

コメント
イブジェニー・バブリシェフ選手 イブジェニー・バブリシェフ選手
「日曜日の夜にイタリアの病院を出て、手術を受けるためにベルギーに向かいました。左足にギブスが装着されましたが、それでも移動中に骨が動いている感覚があり、痛みに耐えながらベルギーに向かいました。月曜日の朝にクレス医師の診断を受け、その日の夕方に手術を受けました。けい骨とひ骨、合計で3ヵ所を骨折していました。ひざ下から足首にかけて大きなピンが入り、帰宅できる状態になる水曜日まで、ベルギーの病院に入院しました。今も足はひどく痛むため、鎮痛剤を服用していますが、満足に眠れない状態が続いています。手術から10日後に再度診察を受け、軽めのギブスに変更し、足首を動かす軽いリハビリを始めることになります。検査ももう一度行う予定で、検査結果を見てトレーニングに戻る時期を検討しますが、現時点での医師の見解としては、ひ骨の回復には6週間は必要で、けい骨の回復には6週間以上かかるそうです。私からお伝えできることはこれくらいです。自分のミスが原因でないだけに、フラストレーションがたまってしまいます。順調に回復し、痛みなく走れるようになることを望むばかりです。今回のアクシデントは、私だけでなく、Team HRC、そしてMXGPファンの皆さんを失望させてしまったことと思います」
ページトップへ▲