MENU

HONDA

検索
MXGP 第8戦 イタリア 決勝
2016/05/15

ガイザーが8戦連続の表彰台登壇。バブリシェフは総合6位、復帰戦のポーリンがレース2でポイント獲得

モトクロス世界選手権第8戦は、イタリアのピエトラムラタで開催されました。HondaのワークスマシンCRF450RWを駆るティム・ガイザー(Team Honda Gariboldi Racing)が、総合3位に入り、開幕からここまで全戦での表彰台登壇を達成。一方、Team HRCの両ライダーは苦戦を強いられ、イブジェニー・バブリシェフは、転倒から巻き返しをみせて総合6位入賞、ケガからの復帰戦となったゴーティエ・ポーリンはレース2で9位となり、ポイントを獲得しました。

ガイザーはレース1の序盤でポジションを大幅に落とし、18番手から追い上げる戦いとなりました。1周目で9番手までばん回すると、さらにペースを上げて残り22分の段階で5番手まで浮上。ファステストラップを叩き出しながら4番手まで順位を上げ、2番手争いに加わりましたが、終盤に転倒してしまい、トップから約5秒差の4位でフィニッシュしました。

レース2はホールショットから後続を引き離す得意の展開に持ち込んだガイザー。2番手に約7秒の差を付けてレースをリードしましたが、レース中盤にまたもや転倒を喫し、6番手までポジションダウン。そこから最速ラップをマークして追い上げ、4位でゴールし、総合3位で表彰台登壇を果たしました。

Team HRCのライダーは不運に苦しめられる一日となりました。レース1は、バブリシェフ、ポーリンともに序盤で転倒。ポーリンのマシンはレースの続行が難しく、そこでリタイアとなりましたが、バブリシェフはなんとか追い上げ、9位でフィニッシュしました。

レース2では、両選手とも上々の滑り出しをみせます。レースが進むにつれて路面状況は変化し、バブリシェフは3位でフィニッシュしたものの、ポーリンは腕上がりも出てペースを落としてしまい、9位でチェッカーを受けました。

コメント

ティム・ガイザー(MXGP 4位/4位 総合3位)
「連続して表彰台に上がれているのはいいことですが、今回はもっといい結果が出せただけに、少し悔しさを感じています。コーナーの進入でスピードを出しすぎ、そこに石かなにかがあって転倒してしまいました。それがなければ優勝も狙えたと思いますが、ランキング首位を守れたのはよかったです。多くのファンが大声援を送ってくれる中で走れたのは、すばらしい経験でした。母国スロベニアから来てくれた皆さんに感謝しています。イタリアでのレースなのに、ホームグランプリを戦っているようでした」

イブジェニー・バブリシェフ(MXGP 9位/3位 総合6位)
「レース1では、いいスタートが切れたのですが、1コーナーに飛び込んだときに路面に凹凸があり、クラッシュしたグレン・コルデンホフ選手(KTM)を避けきれませんでした。そこで転倒してしまい、大きな集団に追い越され、追い上げのレースを余儀なくされました。9位まで追い上げましたが、このコースではそれが精一杯でした。転倒にはフラストレーションが溜まりましたが、レース2での目標を1コーナーでのクラッシュを避けることに定めました。その通り、レース2では3番手をキープし、いい戦いができたと思います。ただ、レース1でのクラッシュがなければもっと多くのポイントを獲得し、表彰台にも上がれたと思うので、残念です」

ゴーティエ・ポーリン(MXGP リタイア/9位 総合14位)
「レース1では、前にいたライダーのリアに当たってしまい、転倒しました。我々の望んでいたことではありませんが、ほかにも1コーナーでは多くのクラッシュが起こりました。スロットルがスタックしてしまい、レースを続けることはできませんでした。レース2では、スタートがうまくいき、4番手で飛び出すと、その後3番手まで浮上。いいリズムで走れていましたが、腕上がりの症状が出てきてペースを維持できませんでした。今大会で復帰するまで、ロードバイクでトレーニングをしていて、ダートバイクを100%で走らせるまでには至りませんでした。コンディションの問題から1週間以上トレーニングができなかったこともあり、この月曜日と火曜日だけの準備で復帰戦に臨みました。それだけの準備では苦しかったのですが、レースが大好きなのでなんとか今大会で復帰したかったのです。計時予選やレース2のようにトップレベルで走れる瞬間もありました。今週末のように路面が難しい状況でなければ、上位でのフィニッシュも可能だと思います。いい調子で来られていますので、次のスペインが楽しみです」

リザルト

MXGP(レース1)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1222A.カイローリKTM1933'50.549
212M.ナグルハスクバーナ19+01.934
322K.ストリボススズキ19+03.076
4243ティム・ガイザーHonda19+05.585
589J.バン・ホービークヤマハ19+07.778
6461R.フェーヴルヤマハ19+42.411
 
9 777 イブジェニー・バブリシェフ Honda 19 +57.919
MXGP(レース2)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1461R.フェーヴルヤマハ1933'54.298
2222A.カイローリKTM19+00.565
3777イブジェニー・バブリシェフHonda19+04.628
4243ティム・ガイザーHonda19+06.656
589J.バン・ホービークヤマハ19+12.571
622K.ストリボススズキ19+20.509
 
921ゴーティエ・ポーリンHonda19+44.670

ポイント

ライダー(MXGP)
順位 ライダー マシン 総合ポイント
-1ティム・ガイザーHonda335
-2R.フェーヴルヤマハ331
-3A.カイローリKTM310
-4M.ナグルハスクバーナ273
-5イブジェニー・バブリシェフHonda264
-6J.バン・ホービークヤマハ247
 
19ゴーティエ・ポーリンHonda49

スケジュール

    PHOTO GALLERY