MENU

HONDA

検索
MXGP 第12戦 ラトビア 決勝
2015/07/12

ポーリンが総合2位で表彰台登壇

モトクロス世界選手権は第12戦ラトビアGPを迎え、MXGPクラスでTeam HRCのゴーティエ・ポーリンが、2レースとも3位フィニッシュ。今季4度目のMXGP表彰台登壇を果たしました。

レース1では、ポーリンがスタート7番手と好位置につけましたが、チームメートのイブジェニー・バブリシェフは、不運にも1コーナーの混乱に巻き込まれ、転倒を免れながらも14番手と出遅れます。ポーリンは3位まで浮上してフィニッシュしたのに対し、バブリシェフは5位争いグループの直後まで追い上げながらも、最終的には11位でチェッカーを受けました。

レース2のスタートは2人とも順調で、トラブルに巻き込まれることなく、バブリシェフは3番手、ポーリンは5番手で1コーナーを抜けました。ポーリンはすぐにスパートをかけ、レースのファステストラップを記録しながら、バブリシェフと世界チャンピオンのアントニオ・カイローリ(KTM)をパス。3位までポジションを上げました。バブリシェフもシングルフィニッシュとなる5位でゴールし、今回のグランプリを総合8位で終えました。

ポーリンは総合2位に入賞し、今シーズン4度目の表彰台登壇。スケジュールの3分の2を消化した選手権ランキングで、3位の座をがっちりキープしています。

コメント

ゴーティエ・ポーリン(MXGP 3位/3位 総合2位)
「表彰台に立つことはチーム全員にとって喜ばしいことで、それを達成するたびに明るく前向きな気持ちになります。3位/3位で総合2位というリザルトは上出来ですが、昨日の予選レースを完ぺきに物にしたことを思うと、もっと上を期待できました。今日のコースコンディションはとてもウエットで、マシンにこびり付いた土が重かったですし、抜きにくかったです。土日を振り返ってみると、スタートがあまりよくなかったのですが、今日よりも昨日の方が抜きやすく、ポジションをばん回しやすかったです。もちろんもっと上を目指していることは確かですが、今日の結果はうれしいですし、ポジティブに受け止めています」

イブジェニー・バブリシェフ(MXGP 11位/5位 総合8位)
「今日は少々辛い一日でした。レース1は目の前で3台が転倒した1コーナーでだいぶ時間をロスして、集団の中をばん回していかなければなりませんでしたが、ほとんど1本しかラインがなくて抜きにくかったです。レース2はいくらかよくて、1レース目よりもポイントを獲得できました。総合的には、少しがっかりしています。この週末を振り返ると結構乗れていたので、もっと上位に入れたはずです」

リザルト

MXGP(レース1)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1259G.コルデンホフスズキ1734'26.145
222K.ストリボススズキ17+05.257
321ゴーティエ・ポーリンHonda17+45.698
4222A.カイローリKTM17+1'00.847
589J.バン・ホービークヤマハ17+1'08.496
6183S.フロサールカワサキ17+1'12.170
11777イブジェニー・バブリシェフHonda17+1'31.278
MXGP(レース2)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1461R.フェーヴルヤマハ1835'49.255
2259G.コルデンホフスズキ18+02.389
321ゴーティエ・ポーリンHonda18+03.218
4222A.カイローリKTM18+24.352
5777イブジェニー・バブリシェフHonda18+31.334
622K.ストリボススズキ18+42.152

ポイント

ライダー(MXGP)
順位 ライダー マシン 総合ポイント
1R.フェーヴルヤマハ457
2A.カイローリKTM416
3ゴーティエ・ポーリンHonda391
4M.ナグルハスクバーナ360
5イブジェニー・バブリシェフHonda345
6C.デサールスズキ291

スケジュール

    PHOTO GALLERY