MENU

HONDA

検索
HOME > Team HRC(モトクロス世界選手権) > 第13戦 フィンランド 決勝

レポート

Grand Prix of Finland Finland Hyvinkaa 2014/07/13

ナグルが表彰台に迫る総合5位入賞を果たす

  • マキシミリアン・ナグル選手
  • マキシミリアン・ナグル選手
  • マキシミリアン・ナグル選手
  • マキシミリアン・ナグル選手

FIMモトクロス世界選手権第13戦のフィンランドGPが開催され、Team HRCのマキシミリアン・ナグルは、最高峰MXGPクラスでファクトリーマシンCRF450RWを駆り、レース1で4位、レース2で7位となり、総合5位に入賞しました。

今大会の舞台となったヒュヴィンカーは、ヘルシンキの北に位置し、浅くて硬いサンドと鋭いギャップが特徴です。狭くコンパクトなサーキットに、激しいバンプが散らばっている平坦な高速コースで、サンドは軟質と思われがちですが、路面の下に硬い地盤があり、ギャップが波打っています。

決勝が行われた13日(日)は、朝から比較的温暖で風が吹く好天となりました。レース1、ナグルはスタートで砂地のゲートからうまく飛び出し、4番手につけました。3番手走行中は好調そうにみえましたが、少し疲れをみせたナグルは1周で2秒ほどペースを落としていました。終盤になって、スティーブン・フロサール(カワサキ)がスパート。突然のプレッシャーを受けて、4位でレースを終えました。

レース1を上回る成績を目指して、ナグルはヒート2のスタートでトップ3の背後につけます。序盤はショーン・シンプソン(KTM)との3番手争いを繰り広げましたが、抜くことはできず、そのうちにディーン・フェリス(ハスクバーナ)とルイ・ゴンカルベス(ヤマハ)が近づいてきました。ナグルは一時3番手をキープしていましたが、今大会はナグルが手首の骨折から復帰して3戦目であり、終盤にスタミナが不足して苦戦。7位まで後退してチェッカーを受けました。今シーズンは残り4戦。ナグルは復帰後にハイペースでポイントを獲得し、MXGPランキング7位につけています。

FIMモトクロス世界選手権第14戦チェコGPは、2週間後に硬く滑りやすいアップダウンコース、ロケットで開催されます。ヨーロッパで行われるGPは、チェコとベルギーを残すのみとなっています。

コメント
マキシミリアン・ナグル選手 マキシミリアン・ナグル選手 4位/7位 総合5位
「昨日、ずっとコース攻略に悩んでいたことに比べたら、今日はずいぶんよかったです。レース1ではスタートがうまく決まって、長い間3番手のポジションをキープできました。終盤に少し疲れが出たため、スティーブン・フロサールに抜かれはしましたが、レース結果にはとても満足しています。レース2でも好スタートが切れたのですが、ショーン・シンプソンに抑えられ、なかなか攻略できずにリズムを崩してしまいました。少しペースを落としてスタミナを温存しようと思いましたが、ほかのライダーたちのアタックが激しかったです。太刀打ちできる力が残っていなかったので、ミスをしてしまいました。あの位置にとどまっていたら表彰台は確実だったのに、自分のミスで逃してしまったので、今日は自分自身に納得ができません」

リザルト

MXGP(レース1)

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1222A.カイローリKTM1935'02.155
289J.バン・ホービークヤマハ19+07.878
3183S.フロサールカワサキ19+11.988
412マキシミリアン・ナグルHonda19+19.692
522K.ストリボススズキ19+24.144
6100T.サールカワサキ19+38.039

MXGP(レース2)

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1222A.カイローリKTM1935'36.408
2183S.フロサールカワサキ19+22.277
324S.シンプソンKTM19+28.140
422K.ストリボススズキ19+28.733
5111D.フェリスハスクバーナ19+31.066
6999R.ゴンカルベスヤマハ19+31.718
 
712マキシミリアン・ナグルHonda19+34.772

総合順位

MXGP

順位 ライダー マシン ポイント
1A.カイローリKTM577
2J.バン・ホービークヤマハ515
3C.デサールスズキ470
4K.ストリボススズキ424
5S.フロサールカワサキ307
6S.シンプソンKTM296
 
7マキシミリアン・ナグルHonda269
13イブジェニー・バブリシェフHonda184
ページトップへ▲