MENU

HONDA

検索
HOME > Team HRC(モトクロス世界選手権) > 第12戦 スウェーデン 決勝

レポート

Grand Prix of Sweden Sweden Uddevalla 2014/07/06

ナグルがレース2で3位に入り、総合4位

  • マキシミリアン・ナグル
  • マキシミリアン・ナグル
  • マキシミリアン・ナグル
  • マキシミリアン・ナグル

FIMモトクロス世界選手権全17戦シリーズの第12戦スウェーデンGPがウッデバラで開催され、Team HRCのマキシミリアン・ナグルがMXGPクラスで総合4位に入賞しました。

イエテボリの70km北に位置し、タイトなレイアウトで知られるウッデバラには、2万1000人の観客が集まり、初夏の日光浴とともにレースを楽しみました。ウッデバラのコースレイアウトは、昨年から大幅な変更が加えられたにもかかわらず、抜きにくさは相変わらずで、上位のラップタイムにはあまり差が出ませんでした。

コースの改修によって、スターティングゲート位置とジャンプ配置の変更や、1コーナーの拡張など、多くの変化が生まれました。しかし、元来の石の多さによって、路面は不安定で滑りやすくなっていました。幸いにも降雨の影響はなく、部分的には掘れてひどくラフな路面もありましたが、ワダチやバンプの数が少なく、技術的な難易度は高くありませんでした。

2週間前、手首の負傷から劇的なカムバックを果たしたナグルは、以前にも増して練習とCRF450RWの準備に集中することができました。レース1では、スタートでの出遅れによってトップ10圏外から何台もかわして追い上げ。ダビド・フィリッパーツ(ヤマハ)を相手に数周のバトルを繰り広げましたが、その後は単独9位に定着しました。レース2では、スタートとコースの感触もよく、ケビン・ストリボス(スズキ)に次ぐ3位でフィニッシュ。32ポイントを得て、ナグルは今大会の総合4位に入賞しました。MXGPの総合ランキングでは1つ浮上し、7位となっています。

MXGPクラスの優勝は、通算70勝を達成したアントニオ・カイローリ(KTM)で、2位にジェレミー・バン・ホービーク(ヤマハ)、3位ケビン・ストリボス(スズキ)が表彰台に登壇しました。

第13戦のフィンランドGPは、コース幅の狭いサンドコースとして知られるヒュヴィンカーで1週間後に開催されます。

コメント
マキシミリアン・ナグル選手 マキシミリアン・ナグル選手 9位/3位 総合4位
「今週末はずっとこのコースを攻略できなくて悩んでいました。路面は今季第4戦の会場だったアルコ・ディ・トレントに似ていて、さらに小さなワダチがありました。土曜日に比べたら、今日の方がいい状況でした。レース1ではスタートに失敗し、抜くのは簡単ではありませんでしたが、ずいぶん順位をばん回しました。レース2に備えて、マシンのセッティングを少し変更したら効果があり、序盤からトップグループに入れました。ずっとジェレミー・バン・ホービークと同じペースで、後ろに付けていましたが、自分に疲れが出て少し離されました。ケビン・ストリボスに厳しくマークされたのですが、彼のようなライダーは、とんでもない抜き方をしてこないので、自分のラインをキープすることが可能です。そこで状況を変えて逃げきり、3位を確保できたのがよかったです」

リザルト

MXGP(レース1)

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1222A.カイローリKTM1935'22.421
222K.ストリボススズキ19+03.481
389J.バン・ホービークヤマハ19+07.712
425C.デサールスズキ19+11.653
5183S.フロサールカワサキ19+15.019
6100T.サールカワサキ19+37.196
 
912マキシミリアン・ナグルHonda19+50.853
 

MXGP(レース2)

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1222A.カイローリKTM1833'52.052
289J.バン・ホービークヤマハ18+04.201
312マキシミリアン・ナグルHonda18+09.408
422K.ストリボススズキ18+14.361
5100T.サールカワサキ18+22.638
639D.ガルネリTM18+38.631

総合順位

MXGP

1A.カイローリKTM527
2J.バン・ホービークヤマハ482
3C.デサールスズキ470
4K.ストリボススズキ390
5S.シンプソンKTM267
6S.フロサールカワサキ265
 
7マキシミリアン・ナグルHonda237
11イブジェニー・バブリシェフHonda184
ページトップへ▲