MENU

HONDA

検索
HOME > Team HRC(モトクロス世界選手権) > 第10戦 イタリア 決勝

レポート

Grand Prix of Italy Italy Maggiora 2014/06/15

バブリシェフ、イタリアでケガに苦しむ

  • イブジェニー・バブリシェフ選手

ミラノの北東に位置するマッジョーラ・サーキットでのイタリアGPが、観客の熱気にあふれる中で、開催されました。Team HRCのイブジェニー・バブリシェフにとっては、大きなケガを負う厳しいレースとなりました。

バブリシェフとTeam HRCは、イタリアで行った3日間のテストで、サスペンションのセットアップとエンジン形状の改良を行い、自信を持ってイタリアGPに臨みました。

バブリシェフは、土曜日の予選レースでは余裕ある走りをみせ、4位を獲得します。CRF450RWを駆り、レース1では5位を記録。上位を狙う中でミスを犯して転倒したものの、クレメント・デサール(スズキ)がミスを犯したことにより、ポジションアップ。さらに、トミー・サール(スズキ)を抜き、レース1を終えました。

レース2では、3つ目の左ターンで目の前のライダーがミスをしたことにより、失速を余儀なくされます。左足を下げてターンしていたところに、うしろから別のライダーが入り込み、バブリシェフはトラックの側面に押し込まれてしまいました。

レース2で起きたアクシデントにより、左腕の2ヵ所を骨折した可能性があったため、バブリシェフは緊急検査に入りました。月曜日には、ピンを挿入する手術とその後のリハビリが必要となる可能性があります。MXGPのポイントランキングでは、バブリシェフは現在8位。チームメートのマキシミリアン・ナグルは9位で、次戦には左手のケガからの復帰が期待されます。

コメント
ロジャー・ハーベイ ロジャー・ハーベイ Team HRC ゼネラルマネージャー
「バブリシェフは病院に搬送されました。担当医師からは、けい骨とひ骨に骨折の疑いがあり、少しの痛みがあると聞かされました。我々は手術に向けた話し合いをこれから行うところで、おそらく手術ではピンかプレートを入れることになりそうです。バブリシェフには、ベストな環境で休養してもらい、経過を見ながらベルギーGPでの復帰を目指していきます」
井本敬介 井本敬介 Team HRC 総監督
「バブリシェフ選手は、ちょうどコンディションもピークまで回復し、ふたたび好パフォーマンスを見せようとしていただけに、彼にとっても、チームにとっても大変なショックです。私たちのトレーニングとハードワークをもってしても、こうしたハプニングを回避できませんでした。この結果は私たちにとって受け入れがたいものです」

リザルト

MXGP(レース1)

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1222A.カイローリKTM1934'47.796
289J.バン・ホービークヤマハ19+04.109
3183S.フロサールカワサキ19+10.121
422K.ストリボススズキ19+20.361
5777イブジェニー・バブリシェフHonda19+23.524
6100T.サールカワサキ19+41.674

MXGP(レース2)

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1222A.カイローリKTM1934'39.495
289J.バン・ホービークヤマハ19+04.774
322K.ストリボススズキ19+05.986
425C.デサールスズキ19+24.914
519D.フィリッパーツヤマハ19+31.560
624S.シンプソンKTM19+34.934

総合順位

MXGP

順位 ライダー マシン ポイント
1A.カイローリKTM443
2C.デサールスズキ405
3J.バン・ホービークヤマハ402
4K.ストリボススズキ314
5S.フロサールカワサキ217
6S.シンプソンKTM211
 
8イブジェニー・バブリシェフHonda184
9マキシミリアン・ナグルHonda166
ページトップへ▲