MENU

HONDA

検索
HOME > Team HRC(モトクロス世界選手権) > 第7戦 スペイン 決勝

レポート

Grand Prix of Spain qatar Talavera de la Reina 2014/05/11

バブリシェフ、苦しみながらもポイント獲得

  • イブジェニー・バブリシェフ選手
  • イブジェニー・バブリシェフ選手
  • イブジェニー・バブリシェフ選手
  • イブジェニー・バブリシェフ選手
  • イブジェニー・バブリシェフ選手

Team HRCのイブジェニー・バブリシェフは、タラベラ・デ・ラ・レイナで行われたスペインGPで、大観衆を前にCRF450RWを総合11位へと導きました。マドリードの南西にあるサーキットに集まった1万6000人の観衆の中には、MotoGPのGO & FUN Honda Gresiniに所属するライダー、アルバロ・バウティスタの姿もあり、2011年以来となるMXGPのスペイン大会を楽しみました。

今シーズンの序盤戦をロサイル、シーラチャー、セブリエボといった新設サーキットが占めたのに対して、タラベラは流れるようなレイアウトに小さな丘とくぼみがある、伝統的なモトクロスの要素が集まったようなサーキットです。また、ライダーが丘を登っていくところや、下り坂でのハードブレーキングなどの臨場感あるシーンを間近で楽しむことができるのが特徴です。定期的に水をまいているため、路面は扱いにくい状態になり、レース2ではトラックがでこぼこしていて、ワダチの多い、不安定なコンディションになっていました。

バブリシェフは、レース1で長時間先頭集団に留まるなど、快調な走りをみせました。レース1の結果は5位で、バブリシェフにとってキャリア4度目のトップ5フィニッシュ。波乱の多い今シーズンのベストリザルトとなりました。レース2では、2回の転倒で6位のポジションを逃し、腹部に痛みを負いながらも15位でチェッカーフラッグを受け、総合11位という結果でレースを終えました。

今大会の総合ではクレメント・デサール(スズキ)が勝利を収め、ジェレミー・バン・ホービーク(ヤマハ)が2位、ケビン・ストリボス(スズキ)が3位となりました。

バブリシェフは、シーズン中盤に差し掛かる中、ポイントスタンディングで8位となっています。チームメートのマキシミリアン・ナグルは、手首の故障から復帰するため、リハビリを継続中で、次の2戦も欠場し、第10戦イタリアGPから復帰する見込みです。

第8戦イギリスGPは、ウインチェスターにあるマタリー・ベイザンで、5月24日(土)・25日(日)に開催される予定です。広大なマタリー・ベイザン・サーキットは、2011年以来、イギリスGPの開催地となっています。

コメント
イブジェニー・バブリシェフ選手 イブジェニー・バブリシェフ選手 5位/15位 総合10位
「土曜日はマシンのセッティングも順調で、日曜日に向けたいい準備ができていました。レース1はうまくいき、スタート時は3番手でした。 デサールを追っていこうとしましたが、差が開いてしまった上、遠くまで滑ってしまって、マシン左側のラジエーターに少しダメージを与えてしまいました。乗りこなすのが難しくなりましたが、辛抱強い走りを心がけました。マシンに乗れるようになってから2週間しか経っていないので、このレベルに達するには、まだ足りないものがあります。スピードは出せていて、身体のコンディションもいいのは分かっていますが、型を見失っているようです。レース2は大失敗でした。6番手の位置についてホービークを追っていたときに、タイムを稼ぐよう自分自身にプレッシャーを与えすぎてしまい、順位を後退させた上に腹部を痛めてしまい、15位で終わりました。2ラウンド連続で、レース2でアクシデントが起きてしまいました。いい結果を残せるよう、引き続き取り組んでいかなくてはなりません」
井本敬介 Team HRC総監督 井本敬介 Team HRC総監督
「今日のレース2は残念な結果となってしまいましたが、レース1ではボビー(バブリシェフ)が好スタートを切って、中盤・終盤ではいいペースの走りをみせてくれて、成果のあるレースだったと思います。徐々によくなってきているものの、取り組まなくてはならないことがまだまだあります。ボビーのタイムが向上するよう、イギリス大会までの間にマシンとセットアップのテストをしていこうと考えています。我々はあきらめません。今週もマックス(ナグル)が欠場となりましたが、彼のリハビリは順調で、イタリアのマッジョーラで開催される第10戦で復帰を目指しているところです」
ロジャー・ハーベイ HRCゼネラルマネージャー ロジャー・ハーベイ HRCゼネラルマネージャー
「この週末のレースに向けて、マシンに多くの変更を加えたのが功を奏したようです。レース1ではたくさんの攻防があり、ボビーがスタートから先頭集団に入るなど、満足できる内容でした。レース2のスタートはよくなかったのですが、ボビーがターン2のあとで集団に入り込み8番手までポジションを上げました。しかし、レース1のようなペースで走ることができませんでした。彼の体調が回復しきっていないのが影響しているのだと思います。レース2はあまりいい内容ではなく、ボビーは2回の転倒を喫しました。2回目の転倒ではマシンの下に倒れ込む形になって時間を取られて、リズムを失ってしまいました。この週末でポイントをいくつか得ることはできましたが、総合評価としては、満足できる内容ではありません」

リザルト

MXGP(レース1)

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
125C.デサールスズキ1734'16.039
289J.バン・ホービークヤマハ17+05.376
3183S.フロサールカワサキ17+11.106
422K.ストリボススズキ17+18.572
5777イブジェニー・バブリシェフHonda17+20.806
6222A.カイローリKTM17+26.363

MXGP(レース2)

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
125C.デサールスズキ1733'58.407
2222A.カイローリKTM17+01.732
322K.ストリボススズキ17+03.845
489J.バン・ホービークヤマハ17+15.603
5183S.フロサールカワサキ17+23.521
645J.ニコルズKTM17+43.618
 
15777イブジェニー・バブリシェフHonda17+1'24.905

総合順位

MXGP

順位 ライダー マシン ポイント
1A.カイローリKTM304
2C.デサールスズキ280
3J.バン・ホービークヤマハ276
4K.ストリボススズキ220
5G.ポーリンカワサキ205
6マキシミリアン・ナグルHonda166
 
8イブジェニー・バブリシェフHonda136
ページトップへ▲