MENU
HONDA
検索
スポンサー
Title Sponsors
レプソル
レプソル

レプソルは世界37カ国以上に展開する総合エネルギー企業です。石油の探査・採掘・精製から石油化学製品の生産、輸送、販売までを手掛けています。レプソルはスペインでは最大の規模を誇り、民間企業としてLPGの卸売においても世界有数の企業です。
1995年に始まったホンダとのパートナーシップは2019年に25年目を迎え、「レプソル・ホンダ」の名はモータースポーツの歴史の中で最も認識されているものの一つとなっています。

Team Sponsors & Partners
レッドブル
レッドブル

1987年にオーストリア市場で発売されたレッドブル・エナジードリンクは、ただの新製品というだけではなく、全く新しい商品カテゴリーの誕生でした。現在、世界171カ国でレッドブルは飲まれています。レッドブル本社はオーストリア・ザルツブルグ近郊のフシュル・アム・ゼーにあります。

アストラホンダ
アストラホンダ

ピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーター(AHM)はHondaのインドネシアにおける二輪車生産・販売合弁会社。これまでに4700万台以上の生産実績を誇ります。AHMには4つの生産工場があり、合計の年間生産能力は580万台で、東南アジアで最大の生産数を記録しました。
AHMは、「One HEART」(インドネシア語で「Satu HATI」)をスローガンに掲げ、低燃費で環境に優しい二輪製品を供給することで、多くのインドネシアのお客さまに夢をお届けしてきました。

ホンダベトナムカンパニー・リミテッド
ホンダベトナムカンパニー・リミテッド

ベトナムにおけるHondaの二輪車と四輪車の製造・販売元であるホンダベトナムカンパニー・リミテッド(以下、HVN)は、1996年に設立されました。2016年は、HVNにとって創業20周年という記念すべき年であるだけでなく、ベトナムにおいての確かな存在感と長期的な発展の証明となる年でもあります。現在、HVNは、合計で年間275万台の生産能力を持つ二輪車工場を3つ、また、年間1万台の生産能力を持つ四輪車工場を1つ所有しています。HVNは、2018年までで約2500万台の二輪車をベトナムで販売してきました。
社会に必要とされる企業になることを目標に、HVNは卓越した技術力と環境に優しい技術を駆使して、ハイクオリティな製品を提供し続けるため、さらなる向上を目指していきます。

エストレーリャ・ガリシア
エストレーリャ・ガリシア

エストレーリャ・ガリシアは1906年創業のスペイン ガリシア地方のHijos de Rivera(イホス・デ・リベラ)社を代表するビールです。110年以上続く良質なビールの伝統は新製品のエストレーリャ・ガリシア0,0(アルコールフリービール)に受け継がれています。ミネラルウォーター、ワイン、シードル、サングリア、リキュールなど同社の製品は世界の人々に愛されています。

Pull&Bear
Pull&Bear

Pull&Bearは、1991年に創立された服飾メーカーです。若い世代へ、固定観念を排除し、ぞれぞれのコミュニティに根差した多様な価値観を持ってもらうことを理念として、世界的な流行を取り入れつつ、ストリートスタイルやクラブ文化を融合した斬新でユニークなスタイルを手軽な価格で提供しています。
Pull&Bearは新しい技術や社会の動向、最新のアートや音楽文化に合わせて、顧客とともに常に進化してきました。それらは、商品のデザインだけでなく、店舗にも反映されています。世界各国に70以上の拠点を持ち、取扱店舗は985以上。さらには www.pullandbear.comでのWeb販売網も整っています。
Inditex Groupについて
Pull&Bearは、ZARAやMassimo Dutti、Bershka、Stradivarius、Oysho、Zara Home、Uterqueなどを擁する「Inditex Group」の一員です。同グループは世界最大のファッション企業の一つであり、世界5大陸に90以上の拠点と7500以上の店舗を展開しています。

アルパインスターズ
アルパインスターズ

50年以上にわたり、レース用のプロテクターやウエアを手掛けてきた、世界最高峰のメーカーです。MotoGPのほかにも、二輪ではWSBやAMA、MXGP、ダカールラリー、四輪ではF1やNASCAR、WECやWRCなど、世界中のさまざまなカテゴリーでトップブランドとして活動しています。米国とヨーロッパに研究施設を持ち、「One Goal. One Vision」という思想のもと、最新の生産技術で最高品質の製品を提供し、多くのレーサーやお客さまに貢献しています。
MotoGPチャンピオンのマルク・マルケスや、そのチームメートのアレックス・マルケスらが、最先端の技術が駆使された製品を利用しています。

株式会社アシックス
株式会社アシックス

1949年に鬼塚喜八郎によって設立されたスポーツシューズメーカーです。「Anima Sana in Corpore Sano―もし神に祈るならば、健全な身体に健全な精神があれかしと祈るべきだ」という言葉が、社名の由来で、今日までこの精神のもと、真のスポーツパフォーマンスブランドとして活動してきました。「スポーツ工学研究所」での研究を通じて、常に最新の技術を追い求め、高い性能を発揮するスポーツ用品を展開しています。また、アシックス社のブランド「オニツカタイガー」は、日本のスポーツファッションブランドとして広く認知されています。

合志技研工業株式会社
合志技研工業株式会社

合志技研工業株式会社は1974年に設立された二輪部品などを製造する会社です。ステアリングハンドルパイプやマフラー、フレームなど様々な板金部品を最新技術と最高の製造ラインを用いて生産しています。

Iveco
Iveco

CNHインダストリアルのブランドであるIVECOは、欧州3カ国5社の合併により1975年に誕生し、小型から大型までの商用車、バス、消防車、防衛車両、建設および採掘作業用のオフロード車の世界的なメーカーとして知られています。ヨーロッパ、アジア、アフリカ、オセアニア、ラテンアメリカに生産拠点があり、先進技術を搭載した車両を製造しているほか、人と環境の両方に配慮した技術ソリューションの開発に取り組んでいます。

ミシュラン
ミシュラン

モータースポーツの世界において、ミシュランは設立当初から重要な役割を担っています。100年以上にわたって多くのテクノロジーを開発してきたタイヤメーカーは、ミシュランのみです。ロードレース世界選手権の最高峰クラスにおいて、Hondaとミシュランのコンビは1973年〜2016年で199勝を挙げ、15のライダーズチャンピオンと17のマニュファクチャラーズタイトルを獲得。このコンビでの初勝利は、1982年7月4日、スパ・フランコルシャンでフレディ・スペンサーによって達成され、1984年にはランディ・マモラがラジアル技術での初優勝を挙げました。その後、1994〜1998年のミック・ドゥーハンによるタイトル5連覇や、2003年のセテ・ジベルノーによるミシュランタイヤ300勝目、2008年のダニ・ペドロサによる360勝目など、輝かしい歴史を築いてきました。そして、2016年、ミシュランは再びグランプリへ復帰しています。

日本特殊陶業株式会社
日本特殊陶業株式会社

日本特殊陶業はスパークプラグ分野では世界のトップメーカーです。自動車、オートバイ、船舶、小型汎用エンジンなどあらゆる分野でNGKスパークプラグは使われています。またレースに関わる歴史も長く、レプソル・ホンダ・チームをはじめ、F1、WRCなどの世界選手権や各国の国内選手権まで、広くレースに対する支援を行っています。

Oakley
Oakley

Oakleyは1975年に設立され、南カリフォルニアに本社を置く、世界有数のスポーツアイウエアブランドです。800点を超える特許を保有し、デザインとイノベーションにあふれた、クリエイター、発明家、芸術家、研究者たちによるブランドです。世界中のアスリートが最高のパフォーマンスを発揮するための製品を生み出すとともに、その価値を築いてきました。

Puig
Puig

Puigは1964年にバルセロナで設立。家業としてあらゆる種類のストリートバイク用アクセサリーのデザインや作成、流通を60カ国以上で行ってきました。製品はどれも高品質で、なかでもMotoGP、WSB、そして世界耐久選手権などで使用されたウィンドシールドに特化しています。ほかにも、フレームスライダー、フェンダー、ライセンスサポート、エンジンガード、レバーなどを含むさまざまなアクセサリーを販売しています。

PWR
PWR

PWR Advanced Cooling Technologyは、1997年にオーストラリアで設立されました。MotoGPやF1をはじめとした世界選手権で活躍する一流チームに冷却製品を提供。先進の風洞施設などで世界レベルの研究開発を行い、その製品がRepsol Honda Teamのマシンをレース中、最適な温度で動作させることに貢献しています。

アールケー・ジャパン株式会社
アールケー・ジャパン株式会社

アールケー・ジャパンは1951年創業以来、一貫してオートバイ、カート、産業用などの優れたチェーン製品を製造し続けてきました。RC213Vに採用されているRKチェーンはエンジンから出力される200馬力以上のパワーを確実にリアタイヤに伝えている重要なパーツの一つです。

RCB(Racing Boy)
RCB(Racing Boy)

RCB(Racing Boy)は1995年にマレーシアで設立され、オートバイ用のアフターマーケット部品とアクセサリーの開発で知られています。
MotoGPを含むさまざまなチャンピオンシップでレース活動をするチームへ技術面で関わってきました。ノウハウや研究開発の知見を多くのチームに提供しています。

SC-Project
SC-Project

SC-Projectは、ミラノの南西部に拠点を置くイタリア企業です。二輪車用マフラー製造業界におけるリーディングカンパニーとして知られ、世界各国で製品を展開しています。同ブランドは、モータースポーツの分野において高い評価を獲得。MotoGP、Moto2、Moto3、そしてスーパーバイク世界選手権などのレーシングカテゴリーで長年にわたって技術協力を行うなど、世界最高レベルの舞台で選ばれ続けてきた実績があります。

新電元工業株式会社
新電元工業株式会社

新電元工業はパワー半導体やスイッチング電源などパワーエレクトロニクスを主な事業領域としています。独創的な技術を活かした数多くの製品を開発し、世界各国のお客様の期待と信頼に応えています。

スナップオンツールズ
スナップオンツールズ

スナップオンはソケットレンチを発明した老舗のUSA工具メーカーです。1920年に創業し、1931年に国際市場に進出。現在、150以上の国々で、スナップオンの製品とサービスを展開しています。

株式会社内野製作所
株式会社内野製作所

内野製作所は、1927年織機部品修理会社として創業しました。現在は主にレーシングギアやプロトタイプパーツの金属加工製造を行っています。
「内野ブランド」は技術力と品質の証です。日本の製品力が世界で求められています。その品質の高さで、レースはもちろん、さまざまな分野で活躍しています。

株式会社 GSユアサ
株式会社 GSユアサ

GSユアサのオートバイ用バッテリーはメーカーのOEM製品として、また交換用バッテリーとしても世界で一番選ばれています。また、自動車用・産業用各種バッテリーの分野においてもリードしています。GSユアサのバッテリーはグローバルネットワークによって世界中で利用されています。

株式会社ユタカ技研
株式会社ユタカ技研

ユタカ技研は、グローバルサプライヤーとしてHondaモーターサイクルブレーキディスクの現調化に貢献しています。 ユタカ技研では、年々高まるブレーキディスク軽量化への要求に対し、軽量化と同時に強度・耐久性を満たした製品を実現。更に、2004年から始めたレース活動の経験を活かし、従来の軽量化技術に加え、耐ジャダー性やブレーキ効力性能の向上を図ることに成功。 レースで証明されたこの技術は、絶えず進化を続けながら、市販モデルにフィードバックされています。


Technical Suppliers
株式会社浅野
株式会社浅野

群馬県伊勢崎市
http://www.asano-japan.com/

栄光デザイン&クリエーション株式会社
栄光デザイン&クリエーション株式会社

神奈川県横浜市
http://www.eikoh-dc.com/

株式会社エンデュランス・レーシング・プランニング
株式会社エンデュランス・レーシング・プランニング

埼玉県川越市
https://www.endurance-parts.com/

株式会社ジィーエーティー
株式会社ジィーエーティー

埼玉県所沢市
http://www.gat.ne.jp/

技研精機株式会社
技研精機株式会社

東京都板橋区
http://www.giken-sk.co.jp/

株式会社日精機
株式会社日精機

栃木県矢板市
http://www.hidaka-seiki.co.jp/

株式会社小金井精機製作所
株式会社小金井精機製作所

埼玉県入間市
http://www.koganeiseiki.co.jp/

パール技研
パール技研

千葉県船橋市
http://www.pearl-giken.co.jp/

サムスン電子ジャパン株式会社
サムスン電子ジャパン株式会社


https://www.samsung.com/

株式会社ササキ
株式会社ササキ

山梨県韮崎市
https://sasaki-inc.co.jp/

セキダイ工業株式会社
セキダイ工業株式会社

東京都大田区
http://www.sekidai.co.jp/

新星機工株式会社
新星機工株式会社

埼玉県入間郡三芳町
http://www.shinseikiko.co.jp/

所沢軽合金株式会社
所沢軽合金株式会社

埼玉県所沢市
http://www.tokorozawakeigoukin.co.jp/

株式会社UCHIDA
株式会社UCHIDA

埼玉県入間郡三芳町
http://www.uchida-k.co.jp/