MENU

HONDA

検索
MotoGP 最終戦 バレンシアGP 予選
2016/11/12

マルケスがフロントロー2番手から決勝に挑む

2日連続で好天に恵まれた最終戦バレンシアGPの予選は、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、1分29秒741というすばらしいタイムをマークし、2番グリッドを獲得しました。初日のフリー走行で2番手につけたマルケスは、2日目の午前中に行われた3回目のフリー走行で首位に浮上してQ2に進出。その後に行われたFP4でもトップタイムをマークしました。このセッションでマルケスは転倒を喫しますが、決勝に向けて順調な仕上がりを見せました。

初日に続いて2日目のフリー走行でも、タイヤテストとロングランに集中。優勝を狙えるアベレージを刻んだマルケスは、最高のかたちでシーズンを締めくくる準備を整えました。

そして予選では、マルケスとともに1分29秒台に入れたホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)にポールポジションを譲ることになりますが、ロングランのアベレージではマルケスが一歩リード。2年ぶりの大会制覇とシーズン6勝目に一歩前進しました。

3戦ぶりの復帰を果たしたダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、初日10番手から2日目のフリー走行で5番手に浮上してQ2進出を果たしました。しかし、その後に行われたFP4で転倒を喫し、ややリズムを崩したペドロサは、Q2で思ったほどタイムを更新できず8番手でした。

復帰戦となった今大会は、治療とリハビリのためにトレーニングができず、セッションをこなすごとに体力不足に苦しみました。しかし、決勝では、3列目から追い上げのレースに挑みます。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 2番手)
「フロントローを獲得できてとてもよかったです。今日はポールポジションを獲得するのはとても難しいだろうと思っていました。そのため、フロントローを獲得するのが目標だったのですが、その目標を達成できて、とてもハッピーです。今日は全力でアタックしました。フリー走行では、限界を探りながら走っているときに転倒してしまいました。予選では2本のタイヤを使用して、1本のタイヤで2周か3周のアタックをする予定でした。しかし、最初のアタックのときに(アンドレア)イアンノーネ(ドゥカティ)がコースの中央をスロー走行していたんですが、後ろから走っていく自分のことを見ていなかったのでアタックを中断しました。いいタイムが出ていたと思うので残念です。いずれにしても、今日は(ホルヘ)ロレンソが常に先行していましたし、ポールポジションを獲得した彼におめでとうと言いたいです。決勝に向けてどのタイヤを選ぶかは、明日になってみないと分かりません。ソフトタイヤはとてもフィーリングがいいのですが、レース距離を耐えられるかどうかは分かりません。午前中のフリー走行でハードをトライしましたが、とてもフィーリングがよかったです。明日のウォームアップでセクター4の改善に取り組み、決勝に挑みたいです」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 8番手)
「フリー走行を終えたときの疲れがひどかったです。昨日より痛みがあったのですが、それでもラップタイムを改善しようとがんばりました。その結果、Q2にダイレクトに進出することができました。よかったのは、こうして大きなステップを刻めたことですが、FP4を終えたあと、予選に向けて体力を温存することができませんでした。今日は全力を尽くしましたが、全体的にとても速くて、自分より前の選手はほとんどが1分30秒前半というすばらしいタイムでした。そのレベルに到達するのは簡単ではありません。しかし、明日のレースが楽しみです。明日はリアタイヤを選択しなければなりません。もし、曇り空なら、タイヤの選択に悩むことになります。明日は長いレースになります。可能な限り速く走るために、明日の決勝に向けてできるだけ体力を温存し、回復させたいです」

リザルト

予選リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム
199J.ロレンソヤマハ1'29.401
293マルク・マルケスHonda1'29.741
346V.ロッシヤマハ1'30.128
425M.ビニャーレススズキ1'30.276
54A.ドヴィツィオーゾドゥカティ1'30.338
644P.エスパルガロヤマハ1'30.392
729A.イアンノーネドゥカティ1'30.420
826ダニ・ペドロサHonda1'30.574
941A.エスパルガロスズキ1'30.885
1038B.スミスヤマハ1'30.949
1135カル・クラッチローHonda1'31.030
129D.ペトルッチドゥカティ1'31.203
138H.バルベラドゥカティ1'30.894
1445S.レディングドゥカティ1'31.406
1543ジャック・ミラーHonda1'31.686
1676L.バズドゥカティ1'31.749
176S.ブラドルアプリリア1'31.813
1819A.バウティスタアプリリア1'31.847
1950E.ラバティドゥカティ1'31.956
2036M.カリオKTM1'32.092
2153ティト・ラバトHonda1'32.181
2268Y.ヘルナンデスドゥカティ1'32.240

PHOTO GALLERY