MENU

HONDA

検索
MotoGP 第16戦 オーストラリアGP 予選
2016/10/22

マルケスが今季7度目、歴代最多となる通算65回目のポールポジション獲得。代役出場のヘイデンは7番手

雨と風、そして寒さ。シーズンを通じて、最も難しく厳しいコンディションとなったオーストラリアGPの予選は、フリー走行で総合トップに浮上したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、2戦ぶり今季7度目のポールポジション(PP)を獲得しました。

午前中のフリー走行(FP3)は、断続的に小雨が降り続ける難しいコンディション。その難しいセッションで、インターミディエイトタイヤを履いてトップタイムをマークしたマルケスですが、予選前に行われるフリー走行「FP4」では、目まぐるしく変わるコンディションの中で、ウエットコンディションでマークしたタイムにもかかわらず2番手という快走を見せ、ライバルを圧倒しました。

そして迎えた予選「Q2」では、前後インターミディエイトでコースインしましたが、すぐにピットに戻り、前後ともスリックタイヤにチェンジしてアタックを開始。それが功を奏し、今季7度目のPPを獲得しました。

フリー走行、予選と、路面コンディションが大きく変化する2日間でしたが、ドライでもウエットでも速く、そして予選では路面コンディションを見極める判断の早さでライバルを圧倒し、2番手に0.792秒の大差をつけることに成功しました。

これで通算65回目のPP獲得となり、史上最多記録を更新しました。先週の日本GPでタイトル獲得を決めて、余計なプレッシャーのないマルケス、決勝では今季6勝目を目指します。

負傷欠場しているダニ・ペドロサの代役として出場のニッキー・ヘイデン(Repsol Honda Team)は、FP3で総合8番手につけると、FP4ではトップタイムをマーク。そして、インターミディエイトからスリックタイヤへとチェンジすることになる予選では7番グリッドを獲得しました。Estrella Galicia 0,0 Marc VDSからミラーの代役として出場した第14戦アラゴンGP以来、今季2度目の代役出場となりましたが、8年ぶりとなるRepsol Honda Teamからの出場に気合満点。決勝の走りに注目が集まります。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP ポールポジション)
「ポールポジションに加えて、スリックタイヤで5周走ることができました。明日に向けて前進できることが分かったのでうれしく思っています。リアとコーナー進入時のグリップ力を高めることができそうです。FP4のウエットではとても快適でした。今週末は正しい方向へ進んでいます。この状態をキープしなければなりません。明日の決勝レースで使うタイヤはまだ決まっていません。だれがライバルになるのかも、どのようなレースになるかも分かりません。そのときの状況に合わせて、ベストを尽くしたいです。Moto2クラスの予選セッションで転倒し、メルボルンの病院へメディカルチェックに向かった弟のアレックスの幸運を祈っています。深刻でないことを願っています」

ニッキー・ヘイデン(MotoGP 7番手)
「今日もまたコンディションが変わりやすい日になりました。可能性を見極めるために違うタイヤをテストしました。FP4はあまり役に立ちませんでしたが、自分の名前がトップにいるのを見られたのはよかったですし、楽しめました。Q2ではインターミディエイトでスタートしました。その後スリックに変えましたが、時間がなかったのでリアしか変えられませんでした。7番手はいいポジションだと思います。明日のウォームアップはドライで周回できることを願っています。そしてデータを収集して、決勝レースに向けて前進したいです。天気を除き、すべてがうまくいっています。チームのためにもいい仕事ができることを願っています。そして、オーストラリアで僕を代役に選んでくれた期待に応えたいです」

リザルト

予選リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム
193マルク・マルケスHonda1'30.189
235カル・クラッチローHonda1'30.981
344P.エスパルガロヤマハ1'31.107
441A.エスパルガロスズキ1'31.673
543ジャック・ミラーHonda1'31.754
69D.ペトルッチドゥカティ1'32.420
769ニッキー・ヘイデンHonda1'32.944
86S.ブラドルアプリリア1'33.015
94A.ドヴィツィオーゾドゥカティ1'33.090
108H.バルベラドゥカティ1'33.914
1145S.レディングドゥカティ1'34.682
1299J.ロレンソヤマハ1'36.840
1325M.ビニャーレススズキ1'40.744
1438B.スミスヤマハ1'41.129
1546V.ロッシヤマハ1'41.368
1650E.ラバティドゥカティ1'41.532
1768Y.ヘルナンデスドゥカティ1'41.766
1819A.バウティスタアプリリア1'41.850
197M.ジョーンズドゥカティ1'42.261
2076L.バズドゥカティ1'43.128
2153ティト・ラバトHonda1'44.096

PHOTO GALLERY