MENU

HONDA

検索
MotoGP 第16戦 オーストラリアGP 1日目フリー走行
2016/10/21

雨と風に翻ろうされた1日目のフリー走行。マルケスが4番手、ペドロサの代役で出場したヘイデンは9番手

日本GPからの連戦となる第16戦オーストラリアGPのフリー走行は、断続的に強い雨が降る厳しいコンディションの中で行われ、4番手にマルク・マルケス(Repsol Honda Team)、9番手に負傷欠場のダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)の代役として出場のニッキー・ヘイデン(Repsol Honda Team)が入りました。

2016年シーズンのチャンピオンに輝いたマルケスは4番手で初日を終えました。レインタイヤのフィーリングの確認をしながら慎重に走行しました。午前中のセッションは、時間を追うごとに雨量が多くなったことで早めに走行を切り上げて4番手でしたが、2日目の予選では3年連続ポールポジションを狙います。

ペドロサの代役として8年ぶりにRepsol Honda Teamから出場したニッキー・ヘイデンは、ポジションの調整などを行いながら周回を重ねて9番手につけました。ペドロサのマシンを自分の好みにしつつ、ミシュランのレインタイヤに慣れる一日となりました。

難しくフラストレーションのたまる初日のフリー走行ですが、順調にラップを刻んだRepsol Honda Team勢の2日目のフリー走行と予選の走りに期待されます。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 4番手)
「今日は一年で最も楽しい一日にはなりませんでした。日本グランプリを終え、ドライセッションでマシンで楽しく走らせられることを願っていましたが、そうはいきませんでした。一日中、雨が降っていました。午前中は数周走りましたが、セッション終盤はコース上に雨水がかなりたまってきたので走行をやめることにしました。午後も雨が降って危険な状態でした。そのため赤旗が振られました。こういう状況でリスクを負う必要が全くなかったので走りませんでした。明日は少しでもコンディションがよくなり、コース上の雨水が減ることを願っています。そして日曜日に向けて仕事を続けられることを願っています」

ニッキー・ヘイデン(MotoGP 9番手)
「今日のコンディションは明らかに理想には程遠かったです。でもこのようなことは時々起きます。午前中はマシンの感触はかなりよかったです。結構快適でしたし、雨が強くなり始めたときにちょうどスピードを上げようとがんばっていました。コース上の雨水が多すぎたのでピットに戻りました。残念ながら今日はあまり周回できませんでしたが、マシンの感触はよかったです。午前中の2回目のスティントでは、路面コンディションが悪化していたにも関わらず、ラップタイムを更新できました。かなりポジティブな結果でした。今後どのようなコンディションに仕上がっていくかは様子を見なければなりません。マシンとチームの理解をもっと深めるために、できる限りコースで時間を費やしたいです。引き続きがんばります」

リザルト

1日目フリー走行リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
135カル・クラッチローHonda1'40.957
29D.ペトルッチドゥカティ+0.053
343ジャック・ミラーHonda+0.500
493マルク・マルケスHonda+0.554
54A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+0.612
625M.ビニャーレススズキ+0.856
744P.エスパルガロヤマハ+1.508
819A.バウティスタアプリリア+1.999
969ニッキー・ヘイデンHonda+2.055
106S.ブラドルアプリリア+2.113
1168Y.ヘルナンデスドゥカティ+2.175
1245S.レディングドゥカティ+2.357
137M.ジョーンズドゥカティ+2.526
1476L.バズドゥカティ+3.219
1553ティト・ラバトHonda+3.221
1650E.ラバティドゥカティ+3.224
1741A.エスパルガロスズキ+3.594
188H.バルベラドゥカティ+3.835
1999J.ロレンソヤマハ+4.694
2046V.ロッシヤマハ+6.268
 38B.スミスヤマハ+8.051

※FP2は雨でキャンセルとなりました

PHOTO GALLERY