MENU

HONDA

検索
MotoGP 第15戦 日本GP 1日目フリー走行
2016/10/14

マルケスが4番手で初日を終える。ペドロサはケガのために今大会を欠場し、青山が代役で出場

シーズン終盤を迎え、タイトル争いの天王山となる第15戦日本GPのフリー走行が行われました。タイトルに王手をかけるマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が4番手とまずまずのスタートを切りました。午前中の走行では順調にラップを刻んで2番手。午後のセッションでは、4番手タイムをマークしました。

この日は、タイヤのテストに集中し、決勝に向けて準備を進めました。午後のセッションでは、ハードスペックのフロントタイヤにトライしているときにヘアピンで転倒しましたが、再スタートを切ると、そのまま走行を継続、セッション終盤に初日のベストタイムをマークしました。「転倒したあとに、そのまま走行を続け、ラップタイムを更新したのはポジティブ」とマルケスは手応えをアピールしました。

2年連続の日本GP制覇に闘志を燃やしていたダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、午前中の走行で5番手、午後の走行ではさらにポジションを上げる意気込みでしたが、新品のタイヤを入れたアウトラップで転倒を喫しました。医務室に運ばれて診察を受けた結果、右鎖骨の骨折が判明、今大会を欠場することとなりました。

転倒したのは”90°コーナー”と呼ばれる11コーナーで、ハイサイドを喫したペドロサはマシンから放り出され、路面に着地した衝撃で右鎖骨を骨折しました。ペドロサは、スペインに帰国、バルセロナの病院で手術を受ける予定です。代役として、RC213Vの開発テストを担当する、青山博一が出場することが決まりました。青山のレース参戦は、昨年のドイツGP以来となります。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 4番手)
「ダニのケガは本当に残念でした。いつものスピードが戻ってきていたし、早くよくなることを願っています。今日は思っていた以上にいいフィーリングでした。正直、もう少し苦戦すると思っていましたが、最初から感触はそれほど悪くありませんでした。今日はいい仕事ができました。午後はフロントにハードタイヤを試し、少しプッシュしようとしているときに転倒してしまいました。でも引き続き走ることができたし、ラップタイムも更新しました。これはポジティブなことでした。ここではライバルたちが強いサーキットですが、彼らとはそれほど差はありませんでした」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 9番手)
「本当に悲しいです。ホンダのホームサーキットでレースをすることをとても楽しみにしていました。このサーキットは大好きなサーキットのうちの1つです。FP2のアウトラップでした。11コーナーに入った瞬間にリアから滑り、タイヤがグリップが復活したときに宙に飛ばされました。これ以上話すことはありません。できる限り早くサーキットに戻ってこられるよう回復することに集中したいです。僕の代役として彼のホームファンの前でレースをするヒロに幸運を祈ります」

青山博一(MotoGP)
「ダニのことは本当に残念でした。早く治ることを願っています。このような形でレースに戻るのは、最良の方法ではありませんが、友人やファンの前でHondaのためにベストを尽くします。マイク・ジョーンズが僕のレーシングナンバ―の7をすでに使っているので、僕は73を使います。この番号は250cc時代の最初のシーズンに使った番号です」

リザルト

1日目フリー走行リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
199J.ロレンソヤマハ1'45.151
24A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+0.053
325M.ビニャーレススズキ+0.097
493マルク・マルケスHonda+0.152
535カル・クラッチローHonda+0.350
641A.エスパルガロスズキ+0.362
746V.ロッシヤマハ+0.381
89D.ペトルッチドゥカティ+1.021
926ダニ・ペドロサHonda+1.076
1044P.エスパルガロヤマハ+1.094
116S.ブラドルアプリリア+1.216
1219A.バウティスタアプリリア+1.570
1350E.ラバティドゥカティ+1.702
148H.バルベラドゥカティ+1.702
1568Y.ヘルナンデスドゥカティ+1.830
1645S.レディングドゥカティ+1.881
1721中須賀克行ヤマハ+1.984
1843ジャック・ミラーHonda+2.093
1953ティト・ラバトHonda+2.821
2076L.バズドゥカティ+3.518
2138B.スミスヤマハ+3.746
227 M.ジョーンズドゥカティ+5.804

PHOTO GALLERY