MENU

HONDA

検索
MotoGP 第14戦 アラゴンGP 決勝
2016/09/25

マルケス今季4勝目を達成。2年ぶりのタイトル獲得に一歩前進

第14戦アラゴンGP決勝は、今季6度目のポールポジションから決勝に挑んだマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、予選の走りを見事に再現し、今季4勝目を挙げました。オープニングラップはマーベリック・ビニャーレス(スズキ)に続いて2番手。2周目にはトップに浮上しますが、3周目にオーバーランを喫し5番手へとポジションを落としました。

このオーバーランで気持ちを落ち着かせたというマルケスは、それからしっかりタイヤの温度を上げることに集中して、ペースを上げていきます。そして、5周目にアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)、7周目にホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)、10周目にビニャーレスをパス。12周目にはバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)を抜いてトップに浮上すると、それから着実に後続との差を広げ、23周のレースで真っ先にチェッカーを受けました。

第9戦ドイツGP以来、5戦ぶりの優勝に喜びを爆発させるマルケス。後半戦に入ってから、タイヤの選択が決まらなかったり、不安定な天候に翻弄されるレースが続き、フラストレーションをためていましたが、久しぶりの快走に満面の笑みを見せ、地元ファンも大喜びでした。

これで今大会2位、総合3位のロレンソに66点差、今大会3位で総合2位のロッシに52点のリードを築き、2年ぶり3回目のチャンピオンに向け、また、一歩前進しました。

カル・クラッチロー(LCR Honda MotoGP)とし烈な5位争いを繰り広げたダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は6位でした。ペドロサは、終盤、タイヤの消耗でペースを落とし、アレイシ・エスパルガロ(スズキ)との厳しい戦いを経て、一時は7番手へとポジションを落としましたが、最終ラップに逆転しました。前戦サンマリノGPで今季初優勝を達成したペドロサは、今大会も好調をキープし、フリー走行では快調にラップを刻みましたが、決勝では苦戦を強いられることになりました。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 優勝)
「ホームグランプリであり、そして大好きなサーキットで優勝することができて、とてもうれしいです。このグランプリを待ち望んでいました。ここはアタックしたいコースであり、勝てると思うサーキットの1つです。今回の優勝は重要ですが、戦いはまだまだ続きます。昨日も言ったように、レースではどんなことも起こりえます。3周目の7コーナーで転倒しなかったのは奇跡でした。その時に、少しリラックスしようと思い、正確に、そして正しいところでブレーキングをするという練習のメンタルに戻しました。このおかげで、おもしろいレースになりました。序盤はオーバーテイクが多かったし、後半はバレンティーノとのギャップを広げることができました。これは大事なことでした。ここ数戦、バレンティーノはポイントを縮めてきていたし、それを止めたいと思っていました。そうしなければ、さらに彼がやる気を出すことになります。アドバンテージをさらに広げることができました。表彰台に上がることができて、とてもうれしかったです。弟のアレックスが初のMoto2での表彰台に登壇したことは、もっとうれしい出来事でした」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 6位)
「残念ながら、今日はいい結果を出すことができませんでした。難しいレースでした。レース序盤からグリップがなく、コーナーの出口でうまく立ち上がれませんでした。それが序盤の一番の問題でした。コーナーでスロットルを開けることができず、前のライダーたちに引き離されてしまいました。できる限りのことはしましたが、その後、フロントタイヤにも問題が出始めました。挙動が出始めて、レース終盤は何か問題があるのは明らかでした。クラッチローと戦おうとしましたが、できませんでした。とにかく、完走することを考えて走りました」

リザルト

決勝リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
193マルク・マルケスHonda41'57.678
299J.ロレンソヤマハ+2.740
346V.ロッシヤマハ+5.983
425M.ビニャーレススズキ+8.238
535カル・クラッチローHonda+13.221
626ダニ・ペドロサHonda+17.072
741A.エスパルガロスズキ+18.522
844P.エスパルガロヤマハ+19.432
919A.バウティスタアプリリア+23.071
106S.ブラドルアプリリア+27.898
114A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+32.448
1251M.ピロドゥカティ+35.033
138H.バルベラドゥカティ+36.224
1450E.ラバティドゥカティ+37.621
1569ニッキー・ヘイデンHonda+40.509
1668Y.ヘルナンデスドゥカティ+43.906
179D.ペトルッチドゥカティ+56.740
1876L.バズドゥカティ+59.681
1945S.レディングドゥカティ+1'34.126
RT53ティト・ラバトHonda+7Laps

総合順位

ライダー(MotoGP)
順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
-193マルク・マルケスHonda248
-246V.ロッシヤマハ196
-399J.ロレンソヤマハ182
-426ダニ・ペドロサHonda155
-525M.ビニャーレススズキ149
635カル・クラッチローHonda105
74A.ドヴィツィオーゾドゥカティ104
829A.イアンノーネドゥカティ96
-944P.エスパルガロヤマハ96
-108H.バルベラドゥカティ84
-1150E.ラバティドゥカティ71
-1241A.エスパルガロスズキ69
-1345S.レディングドゥカティ55
1419A.バウティスタアプリリア54
159D.ペトルッチドゥカティ50
-166S.ブラドルアプリリア49
-1743ジャック・ミラーHonda42
-1838B.スミスヤマハ42
-1951M.ピロドゥカティ36
-2053ティト・ラバトHonda27
-2176L.バズドゥカティ24
-2268Y.ヘルナンデスドゥカティ13
-2322A.ロースヤマハ3
2469ニッキー・ヘイデンHonda1

PHOTO GALLERY