MENU

HONDA

検索
MotoGP 第14戦 アラゴンGP 予選
2016/09/24

マルケスが今季6度目のポールポジションを獲得。ペドロサは7番手から決勝に挑む

第14戦アラゴンGPの予選は、終日にわたり青空が広がる絶好のコンディションの中で行われ、フリー走行でトップタイムをマークしたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、予選でもすばらしいタイムを記録してポールポジション(PP)を獲得しました。

フリー走行でただ一人、1分47秒台をマークしているマルケスは、Q2最初のアタックで1分47秒117を叩き出し、PPを確実なものにしました。2度目のアタックでも1分47秒台とライバルを圧倒し、アラゴンGPで4年連続PPを獲得。3年ぶりのアラゴンGP制覇と今季4勝目に向けて大きく前進しました。

前戦サンマリノGPで今季初優勝を達成、さらに今大会も初日のフリー走行でトップタイムをマークしているダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は7番グリッドから決勝に挑みます。フリー走行では安定したペースで走行し、完全復活をアピールしました。そして予選でもフロントローを狙う走りをみせましたが、痛恨の転倒を喫し7番グリッド。転倒するまでは自己ベストを更新していただけに、残念な予選となりました。しかし地元ファンから大きな拍手が送られていました。3列目スタートとなったペドロサですが、マルケス、5番手のカル・クラッチローとともに優勝、表彰台を狙える位置につけています。Honda勢の表彰台独占の期待も膨らむ結果となりました。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP ポールポジション)
「今日はとてもうれしいです。特にFP4のペースはとてもよくて、いいセットアップを見つけることができました。午前中の転倒は残念でしたが、昨日から前進しています。予選の1周目はとても快適で、タイヤのパフォーマンスを生かすことができました。引き続き2周目もプッシュしましたが、わずかにベストには届きませんでした。今日は気温が上がりましたが、フロントのセットアップに取り組むことができました。明日もこの天気が続くことを願っています。もし気温が今日より低いようなら、フロントのタイヤ選択を見直さなければなりませんが、今日の結果には満足しています。毎年このサーキットではいい感触があります。日曜日もいい結果で終えられることを願っています」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 7番手)
「最後のフリー走行でとても力強いペースがありました。予選セッションもとてもうまくいきました。しかし自己ベストのタイムを更新している周回に転倒してしまったことは残念でした。最近ではフロントローに並べていませんが、転倒しなければフロントローは獲得できたと思います。今日のことは忘れて、明日のレースに集中しなければなりません。そして、いいペースをつかまなければなりません。タイヤの選択をしっかり行い、1周目になるべくポジションを上げていくことがカギになりそうです」

リザルト

予選リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム
193マルク・マルケスHonda1'47.117
225M.ビニャーレススズキ1'47.748
399J.ロレンソヤマハ1'47.778
44A.ドヴィツィオーゾドゥカティ1'47.819
535カル・クラッチローHonda1'47.843
646V.ロッシヤマハ1'47.951
726ダニ・ペドロサHonda1'48.017
841A.エスパルガロスズキ1'48.230
99D.ペトルッチドゥカティ1'48.236
1045S.レディングドゥカティ1'48.242
1144P.エスパルガロヤマハ1'48.448
126S.ブラドルアプリリア1'49.083
138H.バルベラドゥカティ1'48.699
1419A.バウティスタアプリリア1'48.904
1568Y.ヘルナンデスドゥカティ1'48.954
1650E.ラバティドゥカティ1'49.052
1751M.ピロドゥカティ1'49.139
1853ティト・ラバトHonda1'49.319
1969ニッキー・ヘイデンHonda1'49.490
2076L.バズドゥカティ1'49.841
2122A.ロースヤマハ1'50.988

PHOTO GALLERY

  • マルク・マルケス
  • マルク・マルケス
  • マルク・マルケス
  • マルク・マルケス
  • マルク・マルケス
  • マルク・マルケス
  • ダニ・ペドロサ
  • ダニ・ペドロサ
  • ダニ・ペドロサ
  • ダニ・ペドロサ