MENU

HONDA

検索
MotoGP 第14戦 アラゴンGP 1日目フリー走行
2016/09/23

ペドロサが今季初の首位発進。マルケス2番手、クラッチロー3番手とHonda勢が好スタートを切る

第14戦アラゴンGPのフリー走行は、ところどころ青空が顔をのぞかせるも、雲の多い一日となりました。この季節のアラゴンとしては、気温も路面温度も低い一日となりましたが、Honda勢が好調なスタートを切り、上位を独占しました。

前戦サンマリノGPで今季初優勝を達成したダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が、トップタイムで初日を終えました。ペドロサの首位発進は今季初です。1回目のセッションで11番手だったペドロサは、2回目のセッションで一気にタイムを短縮、トップに浮上しました。この日は終日、タイヤテストに集中しました。最高気温は26℃でしたが、雲が多いために、路面温度は38度までしか上がりませんでした。今季はこうしたコンディションで苦戦していたペドロサですが、昇り調子をアピールする一日となりました。

ペドロサは、アラゴンでは2012年に優勝しています。2013年と2014年は表彰台を逃しましたが、昨年は2位でフィニッシュ。今年は2年連続表彰台と4年ぶりの大会制覇、そして今季2勝目に向けて好スタートを切りました。

総合首位のマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、ペドロサとわずか0.065秒差の2番手で初日を終えました。1回目のセッションで首位発進となったマルケスは、2回目のセッションでも引き続きタイヤテストに集中。セッション後半にはハードタイヤで連続周回を行い、好タイムを刻みました。マルケスもアラゴンのサーキットを得意としており、ペドロサとともに好調なスタートを切ったことで、チームメート同士の優勝争い、そして、Repsol Honda Teamの1-2フィニッシュが期待されます。

コメント

ダニ・ペドロサ(MotoGP 1番手)
「ちょっと不思議な気分ですが、トップタイムで終えられて、とてもハッピーです。今日は終日、曇っていました。期待したほど気温も路面温度も上がりませんでした。こういうときは、あまりいいフィーリングを得られなかったのですが、今日は順調でした。今日はがんばりました。午後になって、マシンの状態はさらによくなりました。今日はすべてのタイヤをテストするのが目標でした。リアは、ハードもミディアムもよかったです。しかし、明日は路面コンディションが変化するかもしれません。引き続き、この調子をキープしていかなければなりません。明日の目標は、いい予選にすることです」

マルク・マルケス(MotoGP 2番手)
「思っていたよりも順調でした。アラゴンは自分のライディングに合っているし、好きなサーキットです。今日は、レースに向けて、仕事に集中しました。雨も降らなかったしラッキーでした。今日はすべて順調でした。セッション最後のスティントでは、ハードタイヤを履いて走ったのですが、アベレージもよく、その中でベストタイムをマークしました。まだまだやらなくてはいけないことがあります。リアのソフト側となるミディアムを試さなくてはいけません。フロントもハードを試していません。まだまだやらなくてはいけないことがたくさんありますが、全体的には、とても満足しています。最後に数日前に僕のメカニックの宇治野(孝一)さんがパパになりました。おめでとうと言いたいです」

リザルト

1日目フリー走行リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
126ダニ・ペドロサHonda1'48.429
293マルク・マルケスHonda+0.065
335カル・クラッチローHonda+0.081
446V.ロッシヤマハ+0.240
544P.エスパルガロヤマハ+0.320
625M.ビニャーレススズキ+0.457
799J.ロレンソヤマハ+0.485
88H.バルベラドゥカティ+0.541
99D.ペトルッチドゥカティ+0.636
104A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+0.699
1141A.エスパルガロスズキ+0.748
1268Y.ヘルナンデスドゥカティ+0.814
136S.ブラドルアプリリア+0.869
1419A.バウティスタアプリリア+0.872
1551M.ピロドゥカティ+1.249
1645S.レディングドゥカティ+1.251
1750E.ラバティドゥカティ+1.684
1853ティト・ラバトHonda+2.220
1976L.バズドゥカティ+2.511
2022A.ロースヤマハ+2.559
2169ニッキー・ヘイデンHonda+2.563

PHOTO GALLERY