MENU

HONDA

検索
MotoGP 第13戦 サンマリノGP 1日目フリー走行
2016/09/09

ペドロサ、好スタートの2番手。マルケスは5番手タイムをマーク

イギリスGPからの連戦となる第13戦サンマリノGPのフリー走行は、青空が広がる絶好のコンディションの中で行われ、今季6勝目を狙うHonda勢が好調なスタートを切りました。前戦イギリスGPで5位。表彰台には立てませんでしたが、最終ラップまで2位争いに加わり、復活を感じさせる走りを見せたダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が、午前中のセッションで6番手につけると、午後のセッションで2番手に浮上し、本来の走りを取り戻しつつあることを感じさせました。

サンマリノGPが行われるミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリは、毎年、大接戦となります。今年も、午前中の走行ではトップタイムから1秒差に15台。午後の走行でも11台という激しい戦いとなりましたが、2番手につけたペドロサにとっては、今季3回目の表彰台と今季初優勝を期待させるスタートとなりました。

その大接戦の中でマルク・マルケス(Repsol Honda Team)がFP1で4番手、FP2で5番手につけました。今大会は、ミシュランがフロントに新しいタイヤを投入することになり、FP1、FP2ともにタイヤテストに集中しました。FP1では軽い転倒を喫しましたが、午後のセッションでは1分33秒台の好タイムで連続ラップをこなし、2日目のフリー走行と予選での走りに大きな期待が集まります。

コメント

ダニ・ペドロサ(MotoGP 2番手)
「ポジティブなスタートになり、とてもうれしいです。大事なのは、明日に向けて集中力を完全に維持することです。今日は路面コンディションがよく、グリップもよかったので、ほとんどすべてのタイヤスペックを試すことができました。チェコGP後のブルノのテストでセッティングを少し変えました。シルバーストーン、そしてミサノで引き続きセットアップを進めています。一歩一歩自信を取り戻しています。この調子を続けていきたいです。このまま、いいペースをキープし、レースでは正しいタイヤ選択をしたいです」

マルク・マルケス(MotoGP 5番手)
「今日の進み具合に満足しています。とてもいい仕事ができたと思います。シルバーストーンと同じミスをしたくないので、ほとんどすべてのタイヤを試しました。午前中は異なるフロントタイヤをテストしましたが、奇妙な感触があり、低速コーナーでフロントをプッシュしたら転倒しました。その時は限界で攻めていましたが、全体的には悪くないですし、思ったよりも苦戦はしていません。実際、トップグループの中に入っています。引き続きこの調子でがんばれば、いい週末になると思います」

リザルト

1日目フリー走行リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
144P.エスパルガロヤマハ1'32.769
226ダニ・ペドロサHonda+0.065
34A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+0.132
499J.ロレンソヤマハ+0.287
593マルク・マルケスHonda+0.427
646V.ロッシヤマハ+0.618
735カル・クラッチローHonda+0.731
845S.レディングドゥカティ+0.783
98H.バルベラドゥカティ+0.812
1025M.ビニャーレススズキ+0.860
1141A.エスパルガロスズキ+0.874
129D.ペトルッチドゥカティ+1.034
1319A.バウティスタアプリリア+1.077
1451M.ピロドゥカティ+1.116
156S.ブラドルアプリリア+1.357
1643ジャック・ミラーHonda+1.374
1722A.ロースヤマハ+1.385
1850E.ラバティドゥカティ+1.688
1929A.イアンノーネドゥカティ+1.930
2068Y.ヘルナンデスドゥカティ+1.950
2153ティト・ラバトHonda+1.956
2212J.フォレスドゥカティ +3.277

PHOTO GALLERY