MENU

HONDA

検索
MotoGP 第12戦 イギリスGP 1日目フリー走行
2016/09/02

マルケスが5番手、ペドロサが9番手で初日を終える

第12戦イギリスGPのフリー走行は、終日厚い雲が空を覆いましたが、MotoGPクラスはドライコンディションで行われました。

午前に行われた1回目のセッションは気温16℃。路面温度は17℃。午後になると気温は19℃、路面温度も20℃まで上がりましたが、難しいコンディションの中での走行となりました。

MotoGPクラスで4年連続のポールポジションと2年ぶり2度目の大会制覇を狙うマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、1回目のセッションで転倒を喫しましたが、その遅れを取り戻し、5番手でこの日を終えました。転倒したのは、フロントにミディアムタイヤを選択したアウトラップ。低い気温と路面温度の中であっという間の転倒となりましたが、原因が分かっているだけに、影響はありませんでした。土曜日が雨の予報のため、この日は、ドライコンディションでのテストに集中。決勝に向けてできる限りのメニューを消化しました。

シルバーストーン初制覇を狙うダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、1回目のセッションで8番手、2回目のセッションで9番手につけました。この数戦、初日のセッションでタイムを更新できないことが多いペドロサですが、前戦チェコGP後の公式テストで一歩前進。その成果を感じさせる初日になりました。2日目の予選では、さらにポジションを上げて、自信を取り戻していく意気込みです。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 5番手)
「初日としてはいい一日でした。特に午後のセッションはよかったです。午前のセッションは、フロントにミディアムを入れましたが、いい選択ではありませんでした。気温も路面温度も低く、ゆっくり走っていたのですが転んでしまいました。午後のセッションは、決勝に向けて、リアにはハード側の選択となるミディアムをチョイスして走行したところ、よく機能していました。引き続き、セットアップに取り組まなければなりません。ソフトタイヤのテストもする必要があります。重要なことは、ペースよく、気持ちよく乗れていることです。すべて順調だったし、今日はハッピーでした」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 9番手)
「今日は、午前午後のセッションともに、ドライコンディションで走れてとてもラッキーでした。とにかくドライコンディションで走ることが、今はとても重要です。シルバーストーンは難しいコースのため、できるだけ多く周回したかったので、とてもいい一日になりました。今日は、ミディアムとソフトのリアタイヤを試しましたが、どちらもよかったです。ドライコンディションのフィーリングはとてもポジティブです。明日はどんなコンディションになるか分かりませんが、状況に合わせて、引き続きフィーリングを改善するためにがんばらなくてはいけません」

リザルト

1日目フリー走行リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
129A.イアンノーネドゥカティ2'01.421
225M.ビニャーレススズキ+0.300
335カル・クラッチローHonda+0.496
499J.ロレンソヤマハ+0.611
593マルク・マルケスHonda+0.819
646V.ロッシヤマハ+0.841
74A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+0.846
841A.エスパルガロスズキ+0.943
926ダニ・ペドロサHonda+0.951
1045S.レディングドゥカティ+1.112
1144P.エスパルガロヤマハ+1.152
128H.バルベラドゥカティ+1.187
139D.ペトルッチドゥカティ+1.564
1450E.ラバティドゥカティ+1.697
1576L.バズドゥカティ+1.949
1668Y.ヘルナンデスドゥカティ+1.959
1743ジャック・ミラーHonda+2.210
186S.ブラドルアプリリア+2.221
19 22 A.ロース ヤマハ+2.434
2019A.バウティスタアプリリア+2.979
2153ティト・ラバトHonda+3.775

PHOTO GALLERY