MENU

HONDA

検索
MotoGP 第10戦 オーストリアGP 予選
2016/08/13

マルケスはフリー走行でケガをするも予選で5番手につける

オーストリアGPの予選は、青空が広がり、最高気温も24℃まで上昇する絶好のコンディションの中で行われました。その予選で話題を独占したのが、9戦を終えて総合首位、2年ぶり3度目のタイトル獲得に大きく前進しているマルク・マルケス(Repsol Honda Team)でした。

マルケスは、午前中に行われたフリー走行で転倒を喫し、左肩を脱臼。医務室で検査を受け、さらに、サーキット近郊の病院でCTスキャンを受けました。幸いにも、走行には大きな支障はなく、4回目のフリー走行で4番手タイムをマークすると、フリー走行の上位12台で行われる予選Q1で5番手につけました。転倒した直後は、Repsol Honda Teamのピットはもちろん、観客席にも緊張感が走りましたが、フリー走行、予選をしっかりこなし、ファンを安心させました。

初日のフリー走行で転倒を喫し19番手に沈んでいたダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が、2日目のフリー走行でタイムを大きく短縮し、10番手へとポジションを上げました。これでダイレクトでQ2進出を果たしたペドロサですが、予選では思うようにタイムを更新できず12番グリッドが確定しました。しかし、着実にセットアップを進めているので、決勝では追い上げのレースが期待されます。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 5番手)
「今日は難しい一日でした。午前中のFP3では転倒してしまいました。完全に僕のミスでした。ブレーキングが遅すぎて3コーナーではらんでしまい、前にいたダニ(ペドロサ)と接触しそうになりました。そのため彼を避けたのですが、そのときに転倒してしまい、左肩を脱臼しました。医務室では、病院に行って検査を受けることを医師と相談して決めました。検査の結果、全く問題はありませんでした。少しハラハラしましたが、運がよかったです。あざはできましたが、午後は走ることができました。最終的に5番手になれてよかったです。目標は表彰台に近付くことでしたが、それを達成できました。明日は2人のヤマハとの差を縮めたいです。またドゥカティ勢が今大会はとても速く、厳しい戦いになりますが、いつものようにベストを尽くします」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 12番手)
「今日は気温が上がり、昨日から一歩前進することができました。1分23秒台に入れることはできませんでしたが、ラップタイムを2秒短縮することができました。もっといい結果を期待していました。明日は、集中しなければなりません。できる限りの自信を持ってレースに挑みたいです。そして、今大会の問題点の解決策を見つけたいです。目標は全力を尽くして前進すること。問題点の改善に一番貢献できるのはライダーなので、できる限りのことをしたいです」

リザルト

予選リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム
129A.イアンノーネドゥカティ1'23.142
246V.ロッシヤマハ1'23.289
34A.ドヴィツィオーゾドゥカティ1'23.298
499J.ロレンソヤマハ1'23.361
593マルク・マルケスHonda1'23.475
625M.ビニャーレススズキ1'23.584
735カル・クラッチローHonda1'23.597
845S.レディングドゥカティ1'23.777
941A.エスパルガロスズキ1'23.813
108H.バルベラドゥカティ1'23.822
1150E.ラバティドゥカティ1'24.218
1226ダニ・ペドロサHonda1'24.263
139D.ペトルッチドゥカティ1'24.123
1438B.スミスヤマハ1'24.126
1544P.エスパルガロヤマハ1'24.265
1668Y.ヘルナンデスドゥカティ1'24.472
1751M.ピロドゥカティ1'24.593
1853ティト・ラバトHonda1'24.665
1919A.バウティスタアプリリア1'24.673
2043ジャック・ミラーHonda1'24.852
216S.ブラドルアプリリア1'24.895
2276L.バズドゥカティ1'25.192

PHOTO GALLERY