MENU

HONDA

検索
MotoGP 第9戦 ドイツGP 決勝
2016/07/17

マルケスが今季3勝目。総合首位の座を譲らず、2位以下とのリードを広げる

第9戦ドイツGPの決勝は、ウエットコンディションでスタートし、徐々に路面が乾いていく難しいコンディションとなりました。前戦オランダGP同様、不確定要素の多いレースとなりましたが、ザクセンリンクにおいて、6戦連続でポール・トゥ・ウインを達成しているマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、その記録を7に伸ばしました。

朝のウォームアップで激しく転倒したマルケスは、グリッド上でタイヤの選択に迷いました。最終的にチャンピオンシップを争うライバルの選手たちと同じソフトコンパウンドをチョイス。しかし、これがマルケスのライディングには合わず、レースではペースを上げることができませんでした。加えて、5番手を走行していた11周目にコースアウトを喫し、9番手までポジションを落としました。

苦しい状況になったマルケスですが、それからは落ち着いた走りに徹し、さらに、路面コンディションの変化に対して冷静に判断。トップグループよりも早い18周目の段階で、マシンチェンジを行いました。走行ラインだけが乾いている段階でのマシンチェンジはリスクが大きかったですが、ザクセンリンクを得意とするマルケスは快調にラップを刻み、30周のレースでライバルを圧倒しました。

これで今季3勝目を達成。9戦を終えて8度の表彰台に立ち、総合2位のホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)に48点差、総合3位のバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)に59点差とリードを広げ、シーズン前半戦を締めくくりました。

ザクセンリンクでこれまで6勝を挙げているダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、朝のウォームアップでトップタイムをマーク。ウエットコンディションで始まった決勝レースに期待を膨らませましたが、ウエットからドライへと路面コンディションが変化する難しいレースで6位に終わりました。シーズン前半戦を終えて、2度の表彰台獲得で総合4位。後半戦での巻き返しが期待されます。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 優勝)
「今日は、ある時点で、僕のレースは終わったと思いました。でも、レースが終わってみれば、とてもいいリザルトを残せました。そして、バレンティーノ(ロッシ)とホルヘ(ロレンソ)の結果を見れば、内容も、そしてレース戦略も完ぺきだったと思います。ウォームアップで転倒しましたが、チームスタッフがすばらしいマシンに仕上げてくれました。今日はとてもデリケートな路面コンディションで、とても難しいレースでした。レース序盤のウエットには、少し苦戦しました。自分のライディングスタイルには合わないフロントタイヤを選んでしまったからです。その後、スリックタイヤのマシンにチェンジしました。それからはとても慎重に走りました。ドライのラインはとても狭く、路面に水がかなり残っていたからです。いつマシンをスイッチするかという判断はとても難しいです。もしかしたら早すぎたかもしれません。僕は2番目にマシンをスイッチしたはずですが、いちかばちかやってみました。そしてうまくいきました。いいレースでシーズン前半を終えられました。後半へ向けてしっかり準備をしたいと思います」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 6位)
「朝のウォームアップほど力強い感触はありませんでした。フロントにスーパーソフトタイヤを選びましたが、これほど早く路面が乾くとは思いませんでした。安定したペースをキープして、ミスをしないように努力しました。残念ながら、マシンをスイッチしてからタイヤが温まるまで、フィーリングはあまりよくありませんでした。でも、少なくとも何人かをパスして6位でフィニッシュできました。もっといい結果を出したかったです。とにかく、集中力を維持して今後のレースに備えたいです」

リザルト

決勝リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
193マルク・マルケスHonda47'03.239
235カル・クラッチローHonda+9.857
34A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+11.613
445S.レディングドゥカティ+11.992
529A.イアンノーネドゥカティ+22.755
626ダニ・ペドロサHonda+25.920
743ジャック・ミラーHonda+26.043
846V.ロッシヤマハ+26.449
98H.バルベラドゥカティ+26.614
1019A.バウティスタアプリリア+31.274
1150E.ラバティドゥカティ+41.208
1225M.ビニャーレススズキ+42.158
1338B.スミスヤマハ+1'03.129
1441A.エスパルガロスズキ+1'06.091
1599J.ロレンソヤマハ+1'17.694
1653ティト・ラバトHonda+1Lap
1776L.バズドゥカティ+2Laps
1868Y.ヘルナンデスドゥカティ+3Laps
RT44P.エスパルガロヤマハ+13Laps
RT9D.ペトルッチドゥカティ+18Laps

総合順位

ライダー(MotoGP)
順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
-193マルク・マルケスHonda170
-299J.ロレンソヤマハ122
-346V.ロッシヤマハ111
-426ダニ・ペドロサHonda96
-525M.ビニャーレススズキ83
-644P.エスパルガロヤマハ72
-78H.バルベラドゥカティ65
-829A.イアンノーネドゥカティ63
94A.ドヴィツィオーゾドゥカティ59
-1050E.ラバティドゥカティ53
1141A.エスパルガロスズキ51
1245S.レディングドゥカティ45
-1343ジャック・ミラーHonda42
1435カル・クラッチローHonda40
156S.ブラドルアプリリア37
1638B.スミスヤマハ35
1719A.バウティスタアプリリア35
189D.ペトルッチドゥカティ24
-1951M.ピロドゥカティ19
-2053ティト・ラバトHonda18
-2176L.バズドゥカティ8
-2268Y.ヘルナンデスドゥカティ3

PHOTO GALLERY