MENU

HONDA

検索
MotoGP 第8戦 オランダGP 1日目フリー走行
2016/06/24

マルケスが3番手。ペドロサは11番手スタート

第8戦オランダGPのフリー走行は、午前は雲が多かったものの、午後は青空が広がる絶好のコンディションとなりました。ヨーロッパラウンドに入って、まだ優勝のないマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、前戦カタルニアGP後の公式テストで、ニューシャシーのテストを行いました。今大会は、それをモデファイした車体でセッションに挑み、順調にラップを刻みました。午前はセットアップに時間を費やして11番手でしたが、午後のセッションでは一気にタイムを短縮。終始トップタイムをキープしていましたが、最終的に3番手で一日を終えました。

トップタイムをマークしたのはアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)。以下、1秒差以内に14台がひしめく大混戦となり、マルケスはその中で、1分33秒台のハイペースでラップを刻んで3番手。十分に優勝を狙える内容だけに、今季3勝目に向けて好調なスタートを切ったと言えます。

チームメートのダニ・ペドロサは、午前のセッションでは13番手、午後のセッションでは大接戦の中で11番手へとポジションを上げました。今季最もタイムが接近した初日のセッション。セットアップに集中したペドロサは、2日目のフリー走行ではQ2進出のためにトップ10入りを目指し、予選ではタイムの短縮とポジションアップを狙います。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 3番手)
「午前のセッションは、やらなければいけないことがたくさんあり、気持ちよく乗ることができませんでした。しかし、全力でセットアップに集中し、午後のセッションに向けて解決策を見いだせました。その結果、午後のセッションではいいペースで走れました。午後の走行では、セッションを通じてトップグループにいました。そして、明日に向けて有意義なテストができました。アッセンは、コースに出るたびに路面コンディションが変わります。そのため、タイムがいつも接近しますが、明日も前進できるようにがんばります」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 11番手)
「午前、午後のセッションともに、とても厳しい状態でした。タイヤのテストを行いながら、セットアップを変更しましたが、いい状態にはできませんでした。ここは天候が変わりやすいので、いろんなことにトライするのは、あまりにもリスクが大きいです。今日はタイムが接近していて、とても難しい一日になりました。明日のフリー走行では、Q2に進出していいグリッドを得るために、トップ10を目指します」

リザルト

1日目フリー走行リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
129A.イアンノーネドゥカティ1'33.591
246V.ロッシヤマハ+0.004
393マルク・マルケスHonda+0.133
425M.ビニャーレススズキ+0.301
599J.ロレンソヤマハ+0.400
64A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+0.420
79D.ペトルッチドゥカティ+0.474
841A.エスパルガロスズキ+0.496
944P.エスパルガロヤマハ+0.572
1045S.レディングドゥカティ+0.581
1126ダニ・ペドロサHonda+0.615
128H.バルベラドゥカティ+0.813
1335カル・クラッチローHonda+0.889
1438B.スミスヤマハ+0.940
1550E.ラバティドゥカティ+1.198
1643ジャック・ミラーHonda+1.417
176S.ブラドルアプリリア+1.465
1868Y.ヘルナンデスドゥカティ+1.534
1951M.ピロドゥカティ+1.629
2019A.バウティスタアプリリア+1.693
2153ティト・ラバトHonda+2.991

PHOTO GALLERY