MENU

HONDA

検索
MotoGP 第6戦 イタリアGP 予選
2016/05/21

マルケスが4番手。ペドロサは7番手から決勝に挑む

第6戦イタリアGPの予選は、青空が広がる絶好のコンディションの中で行われ、Q2に進出した12台のタイム差が0.932秒という大接戦となりました。そんな中、Repsol Honda Teamのマルク・マルケスはトップから0.255秒差の4番手、ダニ・ペドロサは、トップから0.714秒差の7番手という結果でした。

初日のフリー走行で5番手だったマルケスは、2日目に行われた3回目のフリー走行で総合2番手に浮上してQ2進出を果たしました。そして、大接戦となった予選では、終始トップ3につけていましたが、セッション終盤のアタックでタイムを短縮できず、4番手に終わりました。マルケスは昨年のオランダGPから前戦フランスGPまで16戦連続でフロントローを獲得してきましたが、今大会は昨年のカタルニアGP以来となる2列目から追い上げのレースに挑みます。

チームメートのペドロサは初日11番手から、2日目のフリー走行で総合9番手へとポジションを上げてQ2に進出。そして予選では接戦の中で7番手。決勝では3列目グリッドから追い上げのレースに挑みます。

Repsol Honda Teamとしては、今季初めてフロントローを逃す予選となりましたが、ペドロサは2010年以来の優勝と、マルケスは14年以来、2年ぶりの優勝を目指します。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 4番手)
「今日のセットアップの進み具合には満足しています。午前中はとても快適でしたが、午後のFP4では気温が上がり、午前中のセットアップでは、同じように走ることができませんでした。これは今シーズン、ほかのサーキットでも起きている現象です。とにかく気温の変化やアスファルトのコンディションの変化にとても繊細です。そのため、予選セッションに向けてセットアップを変えてよくなったのですが、タイムを更新していた最後の周にミスをしてしまいました。明日の決勝は、簡単なことではないと思いますが、表彰台に上がれるようにがんばります」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 7番手)
「ル・マンのときに比べたら、いいグリッドを得ることができました。これは重要なことです。そしてこれは、今日の予選の目標でした。この調子でレースもがんばらなければいけません。明日はいいスタートを切り、序盤から力強い走りをすることが重要になります。ポジションを上げていいペースを維持できるようにがんばります。今日のポジションを最大限に活用したいです。自分のレースペースがそれほど悪くないことを信じています」

リザルト

予選リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム
146V.ロッシヤマハ1'46.504
225M.ビニャーレススズキ1'46.598
329A.イアンノーネドゥカティ1'46.607
493マルク・マルケスHonda1'46.759
599J.ロレンソヤマハ1'46.882
641A.エスパルガロスズキ1'47.186
726ダニ・ペドロサHonda1'47.218
838B.スミスヤマハ1'47.247
99D.ペトルッチドゥカティ1'47.261
1045S.レディングドゥカティ1'47.359
1151M.ピロドゥカティ1'47.361
1268Y.ヘルナンデスドゥカティ1'47.436
134A.ドヴィツィオーゾドゥカティ1'47.089
1444P.エスパルガロヤマハ1'47.159
158H.バルベラドゥカティ1'47.555
1635カル・クラッチローHonda1'47.659
1743ジャック・ミラーHonda1'47.830
1850E.ラバティドゥカティ1'48.111
1919A.バウティスタアプリリア1'48.372
206S.ブラドルアプリリア1'48.646
2176L.バズドゥカティ1'48.991
2253ティト・ラバトHonda1'49.648

PHOTO GALLERY