MENU

HONDA

検索
MotoGP 第4戦 スペインGP 1日目フリー走行
2016/04/22

マルケスが2番手タイム。2年ぶりの大会制覇と3連勝に向けて好スタートを切る

ヨーロッパラウンドの初戦となった第4戦スペインGPのフリー走行は、午前中は雲の多い天候でしたが、午後になって青空が広がる絶好のコンディションとなりました。序盤の3戦を終えて、総合首位でホームグランプリを迎えたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、金曜日からスタンドに陣取った地元ファンの声援を受けて2番手発進。2年ぶりの大会制覇と、第2戦アルゼンチンGP、第3戦アメリカズGPに続く3連勝に向けて、絶好のスタートを切りました。

大会の舞台となるヘレスサーキットは、マルケスにとって走り慣れたサーキットですが、ミシュランタイヤで走るのは初めてのことです。そのため、タイヤのフィーリングを確かめながらペースを上げました。午前のセッションは5番手でしたが、午後のセッションでは約1秒タイムを短縮して2番手に浮上しました。土曜日の予選では、史上2番目の記録となる61度目のポールポジションの獲得を目指すことになります。

2年ぶりのスペインGPとなるチームメートのダニ・ペドロサは、午前のセッションで4番手タイムとまずまずのスタートを切りましたが、午後のセッションではタイムを更新できず、8番手へとポジションを落としました。今大会は、フロントカウルのウイングのテストなど、データの収集に多くの時間を割きました。そのため、午後のセッションではタイムを更新できませんでしたが、土曜日の走行につながる一日となりました。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 2番手)
「今日の内容に満足しています。午前のプラクティスでは、ベースのセットアップがあまりうまく機能しなかったのですが、FP2ではセットアップがうまくいきました。かなり前進できたのですが、まだ完全に快適とは言えないので、引き続き、セットアップに取り組む必要があります。重要なことは、今日最も速かったホルヘ(ロレンソ、ヤマハ)と、それほど離れていないことです。バレンティーノ(ロッシ、ヤマハ)もとても安定していました。いずれにしても、今日のチームの問題への対処の仕方には、とても満足しています。明日、また一歩前進できるようにがんばります」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 8番手)
「今日は、シーズン序盤に直面していた状況と似ていました。残念ながらオースティンのレースからそれほど前進できませんでした。でも、まだ1日目です。解決策を見つけ、ペースを上げられるように引き続き全力で取り組みます。最大の問題は加速がうまくいかないことです。マシンはとてもパワフルなので、その部分で余計にタイムをロスしているように感じます。今日はユーズドタイヤでずっと走りました。明日は、もう一歩前進できるようにがんばります」

リザルト

1日目フリー走行リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
199J.ロレンソヤマハ1'39.555
293マルク・マルケスHonda+0.345
341A.エスパルガロスズキ+0.538
48H.バルベラドゥカティ+0.674
546V.ロッシヤマハ+0.727
625M.ビニャーレススズキ+0.893
74A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+1.182
826ダニ・ペドロサHonda+1.268
945S.レディングドゥカティ+1.305
1050E.ラバティドゥカティ+1.370
1129A.イアンノーネドゥカティ+1.462
1268Y.ヘルナンデスドゥカティ+1.473
1335カル・クラッチローHonda+1.557
1444P.エスパルガロヤマハ+1.612
156S.ブラドルアプリリア+1.623
1638B.スミスヤマハ+1.732
1776L.バズドゥカティ+1.765
1819A.バウティスタアプリリア+2.018
19 51 M.ピロ ドゥカティ+2.286
20 43 ジャック・ミラー Honda+2.349
21 53 ティト・ラバト Honda+2.675

PHOTO GALLERY