MENU

HONDA

検索
MotoGP 第3戦 アメリカズGP 1日目フリー走行
2016/04/08

マルケスが初日トップタイムを記録し、大会4連覇に向け好発進。ペドロサは8番手となる

アルゼンチンGPからの2連戦となった第3戦アメリカズGPは、8日にフリー走行を行い、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が1回目、2回目のフリー走行ともにトップタイムをマーク。4年連続ポールポジション(PP)と大会4連覇に向けて好調なスタートを切りました。当日は、青空が広がる絶好のコンディション。1回目のフリー走行で2分04秒953とただ一人、2分4秒台に入れたマルケスは、午後の走行では2分04秒034までタイムを更新。2番手のアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)に0.706秒の大差をつけました。

午後のセッションでマルケスは、最終コーナーにてフロントのグリップを失って転倒しましたが、ピットに戻って2号車でコースイン。転倒の影響を感じさせない走りでタイムを更新し、ライバルを圧倒しました。

チームメートのダニ・ペドロサは、1回目の走行で2分06秒台で10番手、2回目は2分05秒台で8番手でした。この日は、さまざまなセッティングにトライするという、ペドロサにとっては試行錯誤の一日となりましたが、初日のデータを2日目のフリー走行と予選で生かす意気込みです。

カル・クラッチロー(LCR Honda)もさまざまなセッティングにトライしてデータ収集に努めました。クラッチローは開幕から2戦、リタイアに終わっています。その雪辱に闘志を燃やしているだけに、2日目のフリー走行と予選でのタイムの短縮とポジションアップに期待されます。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 1番手)
「全体的に今日の進み方には満足しています。加速に関しては、まだなんとも言えませんが、ほかのサーキットほどは問題にならないと思います。なぜなら、このサーキットのほとんどのコーナーの出口は1速なので、それほどタイムロスはないと思うからです。午前中は新しいウイングをテストしました。少しウィリーが減りましたが、マシンの反応をさらに理解するためには、もっとテストをする必要があります。とてもいい周回ができました。最終コーナーもうまく走れました。いつもより遅いブレーキングにもトライして、とりあえずの限界もみつけました。今日の結果には満足していますが、まだ前進できると思います」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 8番手)
「かなり難しい一日でした。午前、午後ともに、このサーキットに合うセッティングを探している段階です。前戦アルゼンチンGPを終えてから、今朝は新しいことを試すことに決めていましたが、思ったような感触を得ることはできませんでした。そのため午後のセッションでは、再びセッティングを変更しました。その結果、ペースは上がりましたが、まだ求めているものにはほど遠い状態です。このサーキットは、いい加速とブレーキング、ハンドリングが必要になります。引き続き、フィーリングの改善を行い、快適に走れるようにしたいです。そしてタイムも更新できるようにがんばります」

リザルト

1日目フリー走行リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
193マルク・マルケスHonda2'04.034
229A.イアンノーネドゥカティ+0.706
325M.ビニャーレススズキ+0.861
445S.レディングドゥカティ+0.865
599J.ロレンソヤマハ+0.867
646V.ロッシヤマハ+0.940
776L.バズドゥカティ+1.156
826ダニ・ペドロサHonda+1.160
94A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+1.161
1035カル・クラッチローHonda+1.359
118H.バルベラドゥカティ+1.454
1251M.ピロドゥカティ+1.563
1344P.エスパルガロヤマハ+1.582
1441A.エスパルガロスズキ+1.628
1568Y.ヘルナンデスドゥカティ+1.727
1650E.ラバティドゥカティ+1.857
176S.ブラドルアプリリア+1.888
1819A.バウティスタアプリリア+2.123
1938B.スミスヤマハ+2.445
2043ジャック・ミラーHonda+2.743
2153ティト・ラバトHonda+3.010

PHOTO GALLERY