MENU

HONDA

検索
MotoGP 開幕戦 カタールGP 予選
2015/03/19

マルケス2番手でフロントロー獲得。ペドロサは7番手

開幕戦カタールGPの予選は、Q2に進出した12台のタイム差が、わずか0.965秒という激しい戦いとなり、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が2番グリッドを獲得しました。最後のアタックでベストタイムをマークしたマルケスですが、最後の周回に入る直前にチェッカーが降られたことからタイムはカウントされず、2年ぶりの大会ポールポジション(PP)を逃すことになりました。しかし、初日8番手から2日目に3番手に浮上し、予選ではPP争いを繰り広げるなど、初日の出遅れを見事に取り戻したマルケスに、2年ぶり開幕Vの期待が膨らみます。

大会3日目。予選セッションが行われた土曜日は青空が広がり、夜になっても星空となりました。しかし、終日吹き続けた強い風が選手たちを悩ませました。その風の影響からか、セットアップが思うように進みません。最終的にダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、フリー走行から1つポジションを落とす7番手になりました。3列目スタートとなりましたが、トップから0.535秒差。決勝では追い上げのレースに挑みます。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 2番手)
「とてもうれしいです。最初はポールポジションを獲得できたと思ったのですが、僕がフィニッシュラインを通過する前にチェッカーフラッグが振られたとチームが教えてくれました。マシンのディスプレイは1分54秒2だったので、ポールポジションのタイムだと思いました。残念ながら、そのタイムはカウントされていませんでした。マシンのフィーリングと全体的な進み具合には満足しています。しかし、Q2の最後にスタート練習をしたのですが、そのときに転倒しそうになりました。どうしてそうなったのかわかりません。その原因をこれから調べます。明日のウォームアップでは、決勝に向けて、さらにペースを上げられるようにしたいです」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 7番手)
「今日は最高の日とはなりませんでした。FP4でいいペースを見つけることができず、決勝のタイヤを決めることができませんでした。Q2ではいいスタートを切ることができたのですが、2回目のアタックで装着したタイヤに問題があり、タイムを更新することができませんでした。それでいくつかポジションを落としてしまい残念でした。思ったほど上位のグリッドを獲得できませんでしたが、明日はいいレースができるように集中します」

リザルト

予選リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム
199J.ロレンソヤマハ1'54.543
293マルク・マルケスHonda1'54.634
325M.ビニャーレススズキ1'54.638
429A.イアンノーネドゥカティ1'54.693
546V.ロッシヤマハ1'54.815
64A.ドヴィツィオーゾドゥカティ1'54.963
726ダニ・ペドロサHonda1'55.078
88H.バルベラドゥカティ1'55.165
944P.エスパルガロヤマハ1'55.302
1035カル・クラッチローHonda1'55.352
1138B.スミスヤマハ1'55.414
1245S.レディングドゥカティ1'55.508
1368Y.ヘルナンデスドゥカティ1'56.157
1450E.ラバティドゥカティ1'56.186
1541A.エスパルガロスズキ1'56.238
1676L.バズドゥカティ1'56.375
1719A.バウティスタアプリリア1'56.595
1843ジャック・ミラーHonda1'56.620
1953ティト・ラバトHonda1'57.108
206S.ブラドルアプリリア1'57.216
219D.ペトルッチドゥカティ1'55.931

PHOTO GALLERY