MENU

HONDA

検索
MotoGP 開幕戦 カタールGP 1日目フリー走行
2016/03/17

ペドロサ7番手、マルケス8番手。Honda勢は厳しいスタートとなる

2016年シーズンのロードレース世界選手権(WGP)、開幕戦カタールGPが17日、ドーハ郊外のロサイル・インターナショナル・サーキットで開幕しました。開幕の前日は、カタールでは珍しく終日の雨になりましたが、開幕初日は天候が回復。ところどころ青空が広がり、夜になると星空がのぞく、まずまずの天候の中で行われました。

カタールGPは、通常3日間で行われる日程を4日間に分散して行う特別スケジュールとなっています。初日は、MotoGPクラスのフリー走行が1回、Moto2とMoto3クラスのフリー走行が2回行われました。

MotoGPクラスは、首位から1秒差以内に10台という接戦となり、Repsol Honda Teamのライダーは、ダニ・ペドロサが7番手、マルク・マルケスが8番手。両選手は、3月上旬に行われた公式テストのデータをもとに、その延長線上で新たな取り組みを始めました。初日は思うようにタイムを更新できませんでしたが、2日目は2回のセッションがあり、タイム短縮とポジションアップに挑みます。

コメント

ダニ・ペドロサ(MotoGP 7番手)
「幸いにも路面コンディションがよかったので、今日のプラクティスではデータを収集でき、有意義なものになりました。3月上旬のテスト最終日に使ったセットアップでスタートしましたが、途中で大きく変更しました。このセットアップにもう少し取り組んでいきたいです。マシンのセットアップの方向性を決めるために、今はデータを集めている段階ですが、それを徹底的に検証しなければなりません。0.1秒ずつギャップを縮めていくために、パワーデリバリーとシャシーのセッティングに取り組まなければなりません」

マルク・マルケス(MotoGP 8番手)
「今日から本当の2016シーズンがスタートしました。これまで経験してきた中で、最も難しいFP1になりましたが、徐々に前進できるようにがんばりました。フィーリングはあまりよくありませんでしたが、一生懸命、さまざまなことにトライしました。テストのときとなにが変わったのかを検証しなければなりません。カタールは路面コンディションがどんどん変わっていくので、上位のライダーたちに少しでも近づけるようにがんばります」

リザルト

1日目フリー走行リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
199J.ロレンソヤマハ1'55.440
246V.ロッシヤマハ+0.267
329A.イアンノーネドゥカティ+0.296
48H.バルベラドゥカティ +0.370
525M.ビニャーレススズキ +0.407
644P.エスパルガロヤマハ +0.611
726ダニ・ペドロサHonda +0.658
893マルク・マルケスHonda +0.818
94A.ドヴィツィオーゾドゥカティ +0.947
1045S.レディングドゥカティ +0.972
1138B.スミスヤマハ +1.084
1235カル・クラッチローHonda +1.156
1376L.バズドゥカティ +1.343
1443ジャック・ミラーHonda +1.499
159D.ペトルッチドゥカティ +1.541
1641A.エスパルガロスズキ +1.656
1719A.バウティスタアプリリア +1.689
1868Y.ヘルナンデスドゥカティ +1.752
1950E.ラバティドゥカティ +1.981
2053ティト・ラバトHonda +2.476
216S.ブラドルアプリリア +2.549

PHOTO GALLERY