MENU

HONDA

検索
MotoGP 第17戦 マレーシアGP 1日目フリー走行
2015/10/23

ペドロサが初日を2番手で終える。前戦ウイナーのマルケスは3番手タイム

3連戦最後の大会となる第17戦マレーシアGPのフリー走行は、インドネシアの森林火災などによる煙害のため、終日、霧のかかったような状態の中で行われました。そのため、強い日差しは遮られたままでしたが、気温も湿度も高く、選手たちにとっては、体力的にハードな一日となりました。

その中で今季2勝目に闘志を燃やすダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が、1回目の走行でトップタイムをマーク、2回目の走行でも2番手と好調なスタートを切りました。午前中の走行は30℃。午後は35℃まで上昇しました。ライダーにもタイヤにも厳しいコンディションとなりましたが、このサーキットで行われたウインターテストのデータを確認しながら、着実にセットアップを進めました。予選では今季初のポールポジション(PP)への期待が膨らみます。

マレーシアGP2連覇と今季6勝目を狙うマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、ウインターテストで1分58秒台のすばらしいタイムをマークしていますが、シーズン中にシャーシーが変わったため、一からのセットアップになりました。しかし、2回のセッションでは、トップのホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)と0.226秒差。ペドロサと0.179秒差の3番手と、今季9回目のPPと今季6勝目に向けて前進する一日となりました。

コメント

ダニ・ペドロサ(MotoGP 2番手)
「今日はタイヤテストとマシンのセットアップに集中しました。路面コンディションを見ながら、ウインターテストで得たデータが、今大会に役に立つのかどうかを確認した一日でした。今日のデータを分析しながら、引き続き、日曜日の決勝レースに向けて、どのタイヤがいいのかをテストしていかなければなりません」

マルク・マルケス(MotoGP 3番手)
「セパンではすでにテストを行っていますが、今大会はテストとは違う状態で挑みます。今日は、このサーキットのベースセッティングでスタートしましたが、あまり機能はせず、一からセットアップを進めました。路面のグリップは、まだ完全ではありません。しかし、グリップは徐々によくなっていくと思いますし、セットアップに全力を尽くします。大事なことは、今日はホルヘ(ロレンソ)とダニ(ペドロサ)とそれほど変わらないペースで走れたということです。明日も引き続き、セットアップに集中します」

リザルト

1日目フリー走行リザルト
順位 No. ライダー マシン F/O タイム/差
1 99 J.ロレンソ ヤマハ F 2'00.246
2 26 ダニ・ペドロサ Honda F +0.047
3 93 マルク・マルケス Honda F +0.226
4 29 A.イアンノーネ ドゥカティ F +0.240
5 46 V.ロッシ ヤマハ F +0.669
6 35 カル・クラッチロー Honda F +0.793
7 41 A.エスパルガロ スズキ F +0.812
8 4 A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ F +0.881
9 45 スコット・レディング Honda F +0.972
10 9 D.ペトルッチ ドゥカティ F +1.352
11 8 H.バルベラ ドゥカティ O +1.370
12 25 M.ビニャーレス スズキ F +1.550
13 44 P.エスパルガロ ヤマハ F +1.604
14 38 B.スミス ヤマハ F +1.855
15 6 S.ブラドル アプリリア F +1.872
16 50 ユージン・ラバティ Honda O +2.180
17 69 ニッキー・ヘイデン Honda O +2.181
18 68 Y.ヘルナンデス ドゥカティ F +2.308
19 19 A.バウティスタ アプリリア F +2.380
20 43 ジャック・ミラー Honda O +2.890
21 63 M.ディ・ミリオ ドゥカティ O +3.148
22 76 L.バズ YAMAHA FORWARD O +3.183
23 24 T.エリアス YAMAHA FORWARD O +3.464
24 13 アンソニー・ウエスト Honda O +4.646
25 55 D.カドリン ART F +6.716

PHOTO GALLERY