MENU

HONDA

検索
MotoGP 第15戦 日本GP 1日目フリー走行
2015/10/09

2011年、12年に日本GP連覇のペドロサが2番手タイムを記録

秋の日差しが降り注ぐ快晴の中、「2015 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第15戦MOTUL日本グランプリ」が、午前9時スタートのMoto3クラス“フリー走行”で開幕しました。

初日の10月9日(金)はMoto3クラスで40分間の“フリー走行”が2回。Moto2クラスとMotoGPクラスでは45分間の“フリー走行”2回が実施されました。

秋晴れの雲一つない晴天の中で行われたMotoGPクラスのフリー走行。2011年、12年と2年連続で日本GPを制覇してHonda RC213Vを駆るダニ・ペドロサ(#26 Repsol Honda Team スペイン)が、自身でも好きなサーキットの一つに挙げているツインリンクもてぎのコースを楽しむように合計で37周を走行。Honda勢で唯一の1分44秒台となる1分44秒859の2番手タイムを記録し、前戦から続く好調ぶりをみせました。また、13年、14年シリーズのチャンピオンであるマルク・マルケス(#93 Repsol Honda Team スペイン)は、コースを確かめるように合計32周を走行して1分45秒492の7番手タイムを記録しました。

コメント

ダニ・ペドロサ(MotoGP 2番手)
「今日のフリー走行はいろいろなことをテストし、最終的にいいポジションで終わることができました。しかし、予想外の問題もあったので、明日はそれらを解消して、ペースを上げていきたいです。明日は、問題をどこまで解消できるかにかかっているので、全力でがんばるつもりです」

マルク・マルケス(MotoGP 7番手)
「とても有意義な一日でした。ケガをしている左手の感触を確認し、痛みを緩和するためにライディングポジションを調整するなど、とても順調に進みました。少なくとも、ちゃんと乗ることができたと思います。そして、ブレーキングも悪くなかったと思いますし、このサーキットでは、それが最も大事なことです。まだ痛みはありますが、耐えられるレベルです。セットアップに関しては、次第によくなっています。まだ改善の余地があるので、明日もがんばります」

リザルト

1日目フリー走行リザルト
順位 No. ライダー マシン F/O タイム/差
1 99 J.ロレンソ ヤマハ F 1'44.731
2 26 ダニ・ペドロサ Honda F +0.128
3 29 A.イアンノーネ ドゥカティ F +0.312
4 4 A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ F +0.328
5 38 B.スミス ヤマハ F +0.519
6 41 A.エスパルガロ スズキ F +0.617
7 93 マルク・マルケス Honda F +0.761
8 46 V.ロッシ ヤマハ F +0.823
9 44 P.エスパルガロ ヤマハ F +0.866
10 8 H.バルベラ ドゥカティ O +0.914
11 35 カル・クラッチロー Honda F +1.115
12 45 スコット・レディング Honda F +1.343
13 6 S.ブラドル アプリリア F +1.640
14 25 M.ビニャーレス スズキ F +1.733
15 43 ジャック・ミラー Honda O +1.746
16 68 Y.ヘルナンデス ドゥカティ F +1.832
17 9 D.ペトルッチ ドゥカティ F +1.917
18 72 高橋巧 Honda F +1.919
19 50 ユージン・ラバティ Honda O +2.039
20 69 ニッキー・ヘイデン Honda O +2.096
21 63 M.ディ・ミリオ ドゥカティ O +2.203
22 19 A.バウティスタ アプリリア F +2.243
23 21 中須賀克行 ヤマハ F +2.365
24 76 L.バズ YAMAHA FORWARD O +2.488
25 24 T.エリアス YAMAHA FORWARD O +2.895
26 15 A.デ・アンジェリス ART F +3.841
27 64 秋吉耕佑 Honda O +4.038

PHOTO GALLERY

  • ダニ・ペドロサ
  • ダニ・ペドロサ
  • ダニ・ペドロサ
  • ダニ・ペドロサ、マルク・マルケス
  • ダニ・ペドロサ、マルク・マルケス
  • マルク・マルケス
  • マルク・マルケス