MENU

HONDA

検索
MotoGP 第14戦 アラゴンGP 1日目フリー走行
2015/9/25

2年ぶりのアラゴンGP制覇に向けてセットアップに集中。ペドロサ4番手、マルケス5番手で初日を終える

第14戦アラゴンGPのフリー走行は、終日、青空が広がる絶好のコンディションとなり、決勝に向けてセットアップに集中したダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が4番手、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が5番手と、まずまずのスタートを切りました。この日は、シーズン中にモーターランド・アラゴンでテストをしているヤマハ勢が上位に名前を連ねましたが、2日目はRepsol Honda Team勢のタイム短縮とポジションアップに注目されます。

2012年の大会で優勝しているペドロサは、1度目のセッションでは1分49秒050で4番手。2度目の走行で1分48秒358までタイムを上げて総合4番手で初日を終えました。この日は、セッション開始直後にブレーキトラブルがあり時間をロスしました。また、そのほかにもいくつかの課題を抱え、ペドロサにとっては不完全燃焼の一日となりましたが、2日目に向けてしっかりとデータを収集したことで、明日の走行には大きな期待が寄せられます。

前戦のサンマリノGPで今季4勝目を挙げたマルケスは、1度目の走行で2番手。2度目の走行では、車体のセットアップとタイヤテストに集中し、5番手で初日を終えました。タイトル争いでは、総合トップのバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)と総合2位のホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)にややリードを広げられましたが、前戦サンマリノGPの勢いをキープしているだけに、2年ぶりの大会制覇と今季5勝目に闘志を燃やしています。

コメント

ダニ・ペドロサ(MotoGP 4番手)
「今日は全体的にいくつかの問題を抱えました。さらにブレーキのトラブルでピットで待機する時間もあり、思うようにラップを刻むことができませんでした。タイヤは、ハードとミディアムを試しましたが、どちらがいいのか今日の時点では決められていません。今日のベストタイムはミディアムで出しましたが、レースでは最後まで持つかどうかは分かりません。明日はセッションを有効に使い、ペースを改善できるようにがんばります。いい予選にしたいです」

マルク・マルケス(MotoGP 5番手)
「今日は、いろんなことを試しました。フロントとリヤのセッティングを試し、タイヤも決勝に向けて、ハードとミディアムを試しました。マシンのセッティングは、まだまだ改良の余地があるので、明日も引き続きセットアップに取り組みます。今日のホルヘ(ロレンソ)は、2度のセッションともにすばらしいペースで走っていました。ダニも非常にいいペースで走っています。明日も引き続きセットアップに集中して、ホルヘと同じレベルになれるようにがんばります」

リザルト

1日目フリー走行リザルト
順位 No. ライダー マシン F/O タイム/差
199J.ロレンソヤマハF1'47.517
246V.ロッシヤマハF+0.683
338B.スミスヤマハF+0.801
426ダニ・ペドロサHondaF+0.841
593マルク・マルケスHondaF+0.884
644P.エスパルガロヤマハF+0.928
741A.エスパルガロスズキF+1.007
84A.ドヴィツィオーゾドゥカティF+1.058
929A.イアンノーネドゥカティF+1.098
109D.ペトルッチドゥカティF+1.312
1168Y.ヘルナンデスドゥカティF+1.438
1245スコット・レディングHondaF+1.490
1335カル・クラッチローHondaF+1.547
148H.バルベラドゥカティO+1.708
1519A.バウティスタアプリリアF+2.059
1625M.ビニャーレススズキF+2.163
1776L.バズYAMAHA FORWARDO+2.183
1850ユージン・ラバティHondaO+2.252
196S.ブラドルアプリリアF+2.463
2063M.ディ・ミリオドゥカティO+2.522
2143ジャック・ミラーHondaO+2.640
2269ニッキー・ヘイデンHondaO+2.945
2315A.デ・アンジェリスARTF+3.202
2424T.エリアスYAMAHA FORWARDO+3.645
2517カレル・アブラハムHondaO+3.979

PHOTO GALLERY