MENU

HONDA

検索
MotoGP 第10戦 インディアナポリスGP 1日目フリー走行
2015/08/07

マルケス2番手と好調なスタートを切る。大接戦の中でペドロサは7番手

後半戦のスタートとなった第10戦インディアナポリスGPのフリー走行は、終日、青空が広がるすばらしい天候の中で行われました。しかし、前日に降った雨の影響で午前中は路面のグリップが悪く、選手たちはセットアップに苦労しましたが、午後になって路面のグリップが向上し、一気にセットアップを進めることができました。

インディアナポリスGPで過去2連勝、Moto2時代を含めると4年連続で優勝しているマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、1回目の走行で2番手、2回目の走行でも2番手と、まずまずのスタートを切りました。セッション中に何度も首位に浮上する走りを見せたマルケスは、路面のグリップの向上に合わせてセットアップを進めました。

前戦ドイツGPで今季2勝目を達成。その後に行われたイタリア・ミサノのテストでも、後半戦に向けて有意義なデータを得ることに成功しています。難しい路面コンディションとなったフリー走行ですが、マルケスはテストの成果を確認することになりました。2日目の予選では、2戦連続今季5度目、インディアナポリスGP3年連続のポールポジションに挑みます。

この日は、トップタイムをマークしたホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)から1秒差以内に11台という接戦になりました。2番手のマルケスは、わずか0.003秒差の2番手。インディアナポリスGP3勝目を狙うダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が0.517秒差の7番手と、大接戦の中で初日を終えました。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 2番手)
「夏休み明けの初日の走行としては、全体的にかなりうまくいったと思います。マシンはとても快適でした。これが一番重要なことです。コースは、午前中よりもグリップはよくなってきていますが、前進し続けるためには、この調子で引き続き取り組まなければなりません。現在、ホルヘ(ロレンソ)が一番強そうですが、明日はもっと彼に近づけるようにがんばります」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 7番手)
「午前中にソフトタイヤを使い、午後はハードタイヤを試しました。路面コンディションは、周回するごとによくなりましたが、それでも少し難しい一日でした。午後は気温もかなり上がり、タイヤが頻繁にアウト側に弾みました。3回目のセッションではもっとグリップがよくなると思いますし、もっと速く走れるようになると思います。明日は高い気温でのマシンのセットアップを改善して、予選ではいいラップタイムを刻みたいです」

リザルト

1日目フリー走行リザルト
順位 No. ライダー マシン F/O タイム/差
199J.ロレンソヤマハF1'32.860
293マルク・マルケスHondaF+0.003
34A.ドヴィツィオーゾドゥカティF+0.295
429A.イアンノーネドゥカティF+0.306
535カル・クラッチローHondaF+0.326
644P.エスパルガロヤマハF+0.502
726ダニ・ペドロサHondaF+0.517
845スコット・レディングHondaF+0.583
938B.スミスヤマハF+0.614
1046V.ロッシヤマハF+0.672
119D.ペトルッチドゥカティF+0.903
1268Y.ヘルナンデスドゥカティF+1.074
1325M.ビニャーレススズキF+1.113
148H.バルベラドゥカティO+1.223
1541A.エスパルガロスズキF+1.279
1669ニッキー・ヘイデンHondaO+1.537
1763M.ディ・ミリオドゥカティO+1.599
1843ジャック・ミラーHondaO+1.871
1950ユージン・ラバティHondaO+2.063
206S.ブラドルアプリリアF+2.075
2119A.バウティスタアプリリアF+2.206
2215A.デ・アンジェリスARTF+2.325
2324トニ・エリアスHondaO+3.476

PHOTO GALLERY